BMSビジネスヒント 274 < 種銭は使っちゃいけない > | 経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

中小企業を対象とした経営者教育団体
経営実践研究団体BMSが一般に公開するビジネスヒント
詳しくは、ホームページをご覧下さい。https://bms-japan.com


テーマ:

BMSビジネスヒント 274

< 種銭は使っちゃいけない >

 

種銭というのはお金を作る元になるお金。

これ使っちゃいけないんです。

種銭が無くなる=お手上げです。

 

 

美容室を開業するときに大事なのは、資金調達。

その資金調達で大事になるのは信用。

その信用の見せ金が種銭ですよ。

 

種銭はいざのために取っておく。

種銭は運転資金ではないんです。

 

基本借り入れた資金で運転資金まで賄い種銭はやはりとっておく。

こうした発想がリスクヘッジ。

 

なけなしの金を使い切る。

土壇場に立つと、一寸先は闇で闇にハマったらお手上げになるんです。

 

これじゃ事業にならないんです。

事業が上手くいかなかった場合でも種銭があれば再起ができる。

 

元々借り入れてやるというのは、借り入れた金に支払う利息より高い利回りが見込るから。

金を作るために借りたんです。

 

ところが見込違いで赤字に陥る。

そのとき赤字を埋めるために金を借りる。

赤字を埋めた後に黒字に転換するなら、この借り入れもありですが

黒字の見込みがないのなら、損きり、見切り、仕切り直しで立て直すんです。

 

そのとき種銭があれば対処できる。

 

 

だから種銭は使っちゃいけないんです。

 

赤字の状態は、入ったお金<出て行く金

その中でも出て行く金に種銭を計上する。

赤字でも種銭を増やす。

 

使える現金を常に持っておく。増やしていく。

そうすれば借金が増えても、

この種銭を元に再起は可能なんです。

 

何がなんでもお手上げにならない。

ゲームセットをさせないことです。

 

______________________

 

さあ、経営実践研究団体BMSに入会し、多くのコトを学んでください。
入会は経営実践研究団体BMSホームページから。

 

また、BMSについて詳しくお知りになりたい方は

03-6426-8229 (担当川野)へお問い合わせください

無知は恥ではない。
学べば済むこと。
むしろ恥じるべきは学びを放棄する事なんです。
そのために経営の基本を学び、発展する会社を造るんです。
どうぞ経営実践研究団体BMSの入会し、壮大なロマンを抱き,
未来に向う立派な会社を造ってください。

 

経営実践研究団体BMS主宰 

     カットルームグループ代表
            橋本憲夫

 

 

 

 

経営実践研究団体BMSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス