参院選が終了しました。

投票率が低いのは残念でしたね。

与党の勝利を受けて株価はどうなったかというと、

週明けの日経平均の終値は0.23%の下げということでほぼ変わらず。

 

まあ想定通りといったところでしょう。

 

そもそも株価は「先行指数」といわれて、

景気や企業業績を先読みして値段がついています。

 

なので、選挙についても開票前から

与党が過半数を獲得するという予測がされていましたから、

想定通りということで株価への影響はほぼなし。

それが想定外のことが起きると株価が大きく動きます。

 

株式市場は予測不可能なことを嫌います。

野党が政権を握ると、何がおこるのか予測がつきにくい。

良いか悪いかは別として、

自民党が政権を撮っている間は、まあ大体やることは予測がつく。

外国人投資家も安定政権を望んでいます。

 

そんなわけで、選挙の結果は予想通りになるかどうかで

株価への影響が決まってくるというわけです。

 

投資をしている方、想定外のことが起こるときには注意してください!

基本はそういったときが「買い」だったりしますけどね。

 

 

さてさて、そんな事に振り回されないためには、

「長期・積立・継続」投資です。

基本のNISA・iDeCo講座、今週末に開催です。

お申込み、お待ちしてます!