自助努力でお金を増やさないといけないらしいけど

やり方がわからないし、減ったりしたら嫌だし。

気持ちはわかります。

 

でも、その結果がどうなったのか知りたくないですか?

(ホラーです。私にとってはwww)

 

日本銀行統計局「資金循環の日米欧比較」という資料があります。

日本人は資産の半分が預貯金、株式や投資信託など投資に回しているのは16%程度

一方の米国人は

預貯金が13%、株式や投資信託などの投資が53.9%と真逆です。

 

2018年3月時点での金融資産は

日本・・・1829兆円

米国・・・8733兆円(81.7兆ドル)

この差は良いとして、

1995年の時点でどうだったかというと、

日本・・・1182兆円

米国・・・2343兆円

だったということ。

 

この約20年で、日本の金融資産は1.5倍になりました。

一方の、米国の金融資産はなんと3.7倍になっています。

これが、運用の結果がもたらした資産の増加です。

 

リーマンショックのときには一時的に下がる局面もありましたが、

それを乗り越えこれだけの利益が出ています。

20年で500万円が3.7倍になっていれば老後の2000万円問題は解決?!(笑)

しかも資産の半分だけしかリスクとって運用してません。

そう言われるとそんなに怖いものではないのかも?

 

アメリカンドリームではなくジャパニーズドリームを

みんなで勝ち取ろうではありませんか!

(私の壮大な野望でした)

 

 

iDeCo・NISA講座やります!

まずは少額から始めてみませんか?