うまい話に乗っかるには?

テーマ:

サッカーの三浦カズ選手が隔週で書いている日経新聞のコラム。

大ファンではないけれど毎回楽しみにしています。

 

今回は、「うまい話は信用するな」

と始まり、金融商品・不動産・健康商法色々な儲け話が持ち掛けられ、かなり慎重に対応しているとのこと。

スターには色々な悪い虫が寄ってきますから当然だと思います。

タレントなどでよく失敗している人を見ますよね。

とはいっても、私たち一般人(?)は、限られた生涯賃金の中で、

教育費や老後の資金を捻出していかなけらばなりません。

お金を増やすことも=投資も必要になってきます。。

じゃあどうすればいいの・・・?

 

「投資」というと株で一発当てて儲けるというイメージを持つ人がいまだに多いですが、

私の中では、それは「博打(もしくは「投機」)」であって投資とは言いません。

何も苦労をせずお金が手に入る話なんていうのは、信用なりません。

頭を使ったり、時間をかけたり、手間をかけたり、それなりの代償を払って運用した結果、

投資がうまくいくのです。

勉強や仕事と基本は同じだと思います。

お金についても、もっと自分で考えることをしてほしいなと思います。

 

コラムの中でカズ選手がこう書いていました。

「大事なのは、負ったリスクの責任はすべて自分自身にあるということ。」

 

日本人は、投資をする際にどんなリスクがあるのか、を理解せずに投資をする傾向が多いです。

うまい話を持ちかけられたら、「それはどんなリスクがありますか?」

と聞いてみましょう。

(金融商品だけでなく、ビジネスもそうです)

説明を受け理解・納得できたら始めて見てください。

きっとうまくいくはずです。

 

 

お金と向き合う人を応援するファイナンシャルプランナー

髙木典子

 

ご相談はコチラ