「利回り3%、30年保証」

テーマ:

正直、ご時世、こんな商品がまともなわけがない。

(ちなみに日本国債は利回り1%に満たない)

スルガ銀行の不適切融資発覚の発端となったスマートデイズが運営していた

女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の宣伝文句。

よく考えれば、リスクがなくて利回り8%なんてあるわけない!

と思うのですが、比較的高所得のサラリーマンが契約をしていたそう。

 

ある30代男性妻と二人の子どもがいる会社員は、

「老後の備えのつもり」

で、シェアハウスのオーナーになることを決めたそうです。

 

夢が冷め、かぼちゃの馬車がなくなり、そこに残ったのは膨大な借金だけ。

絵本と違い、王子様が迎えにくることはありません。。。

(男だからお姫様?w)

もうちょっと冷静に判断をしていれば、こんなことにならなかったのでは。

 

ちなみに先ほどの男性、「預金では増えないし、株やFXはリスクが大きい」と不動産投資をしたそうです

そこは、「ち~が~う~だ~ろ~」と声を大にして言いたい。

FXはともかく株はやり方次第なので、不動産よりよっぽどリスクは少ない。

会社での仕事はきちんとできるのに金銭管理・家計管理となるとどうしてこうなのか?
残念です。

 

もうすぐリーマンショックから10年、
そもそもの原因(こちらはまた後日ブログにて)を振り返って、
正しいお金の知識を養ってほしいと思います。

 

 

できない場合は中立のプロに相談!
https://www.yokohama-money-salon.com/