未来に仕事はあるのか?

テーマ:

アメリカで、

「今ある職業の約47%は、今後10~20年のうちに機械に代替される可能性が70%以上」

という調査結果が発表されています。

 

少子高齢化が進む日本では、

今後働き手が不足してくると言われていますが、

簡単な仕事は機械にとってかわられるため、

高度な能力を必要とされる仕事のみ生き残る。

 

簡単な仕事(賃金が安くてもしょうがない)というものはなくなり、

働ける人は能力がある人だけ。

賃金格差どころではなく、仕事があるかないかのどちらかになる?ゲッソリ


なんだか映画みたいな話ですが、

10年、20年後はこれが現実になってくる可能性が70%以上と言っているのですから

先延ばしにせず、今から何ができるか考えていかないといけないでしょう。
 

ちなみに増加が予想されている職種は、

データサイエンスやITといった分野だそう。

 

これから何年か何十年か後に社会に出ていく子供たちは、

親世代とは違う人生を歩むことになりそう。
と、うちの中1ゲーマーに伝えたいですグラサン

AD