パートで働く主婦の方は、「103万円の壁ビックリマーク」を気にしている方も多いと思います。

(あくまでも所得税の話で、社会保険の扶養はまた別です)

 

配偶者控除、改めて整理しておくと、

103万円以内の収入であれば、ご主人の収入から一定金額が控除され

ご主人の税金の支払いが減るというものです。love

 

いちおう、103万円を超えても「配偶者特別控除(ご主人の所得制限あり)」というものがあり、

一気に税金の支払いが増えるわけではなく、

段階的に増えるということになっています。

 

ところが、来年からは配偶者控除に新たにご主人の年収制限が導入されます。

ご主人の年収が高いと、その金額によって

段階的に配偶者控除額が減少し、あせるあせるあせる

1220万円を超えると、完全になくなります。ゲッソリゲッソリゲッソリ

たとえ自分の収入を103万円に抑えていても、

全く無意味ということになりますドクロ

 

税制は年々変わっていきます。

家族の収入にかかわってくることなので、

確認しておきましょう。!!

 

ちなみに個人事業をしている主婦の方も考え方は一緒ですので、

ご主人の扶養に入っている方はこの先、事業をどうしていくのか

考えるのには良い機会かもしれませんね。

 

~ご案内~

個別相談も承っておりますので、

心配な方はご相談ください。

詳細はコチラ