春、嬉しい? | ムリなく一歩ずつ!美肌を目指すスキンケア〜化粧品研究員のホンネ

ムリなく一歩ずつ!美肌を目指すスキンケア〜化粧品研究員のホンネ

大手や中小でスキンケア化粧品の研究開発に携わること十数年。
肌悩みを抱える方、スキンケア選びにいつも迷ってしまう方に、正しい情報を少しでもお届けして、美しいお肌に導きます!


テーマ:
{A03EEF80-6A96-47D1-9EDA-DFC22B3F262B:01}

イヤな季節がやってきました。

と、
仕事で会ったひとの何人かが
言っていました。
そう、花粉。

毎朝、
鼻と眼に薬、
飲み薬も飲んで、
マスクとメガネ(ゴーグル型)で
外に出る、という
重装備のひとも多いようです。

-------

花粉症やアトピーに深く関係する
「アレルギー」を考えることは、
化粧品開発でも
とても重要なことです。

特にアトピーは
肌に症状が現れてきますから、
薬だけではなく、
化粧品でも何か助けられることがないかと
考えながら研究をしています。

-------

花粉症にしろアトピーにしろ、
昔よりかかっている人が
増えていると言われています。

花粉症は(当然)花粉、
アトピーはハウスダストなどが
原因のひとつと言われていますが、
なぜ近年
患者が増えているかについては、
納得のゆく理由が
明らかにされていません。

ひとつの説として、
昔はいまほど清潔ではなかったので、
こどものころから
さまざまな菌やウイルス、
ホコリなどに含まれる物質に対して
ある種の免疫ができていたため、
というものがあります。

花粉がたくさん舞っている
山間部で育った人は
花粉症になりにくい、
という説ですね。

でも、
そういうデータがあるわけでもなく、
田舎育ちでも花粉症やアトピーは
起こるものです。

-------

現時点で私が思う
もっとも妥当な説明は、
食品が変化したため、
というものです。

冷凍食品やコンビニ弁当など、
加工された食品が増え、
体にとりこむ保存剤などが
多くなった影響です。

こういう話になると、
「買ってはいけない」的な話になり
怪しいのは全部ダメ!と
極論になってしまうことが多いのですが、
冷静にみても、
加工食品の影響は
科学的にじゅうぶんあり得る話だと
思います。


あまり知られていませんが、
私たちの体をつくっている細胞より、
私たちの体に住んでいる細菌の方が、
ずっとずっとたくさんいます。
(腸内細菌、皮膚内細菌など)

加工食品に含まれる保存剤などは
私たち人間に対しては平気な、
わずかな量のように思えますが、
体内に住む細菌にとっては
じゅうぶんにたくさんの量であり、
大敵なのかもしれません。

それによって
体の免疫機構の調子がくるったり
本来は防御できる物質が
体内に侵入してきてしまったりします。

で、
アトピーで肌に、
花粉症で目や鼻に、
症状が現れるということです。

-------

アトピーで苦労されている方は
たくさんいらっしゃいます。

肌に症状が出るからと言って、
肌だけにアプローチしても
効果はきっと限定的。

カップラーメン、
ファーストフード、
コンビニ弁当。

危ういものは
逆に美味しかったりするのですが、
まずは
その量を減らしてゆくことから
実践したいものです。

ハルナツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス