こんばんは、ろっかです。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、無料アプリを使って、家族3人で「ワードウルフ」というゲームをやりました!

 

なので、今回はワードウルフの記事になります。

 

 

・ルール説明

 

ワードウルフは

お題→話し合い→投票

の順に、ゲームが進行します。

 

①お題

プレイヤー1人ずつに「お題」が表示されます。

他のプレイヤーに見えないように確認してください。

お題は2種類あり、多数派(市民)と少数派(人狼)に分かれています。

自分が多数派か少数派かは分かりません。

 

②話し合い

プレイヤーは話し合いの中で「誰が少数派か」を考えながら、話し合います。

各プレイヤーは多数派のキーワードを予測し、多数派のように振舞ってください。

※お題を発言することや、類似するワードを言わせる、直接分かるような質問は禁止。

 

③投票

それぞれのプレイヤーはせーので少数派だと思う人を指差してください。

少数派が一番指を指された場合は、人狼を見抜いた市民側(多数派)の勝利。

多数派の人が一番多く投票された場合は、上手く騙せた人狼の勝利。

2人以上が同票数の場合だとサドンデスで延長戦になり、1分間の話し合いの後、再度投票。

サドンデスしても同票数が変わらない場合、終わるまでサドンデスになります。

 

 

 

 

・3人で遊んでみた結果

 

ワードウルフ初心者の私と母と妹で4試合ほど遊びました。

その中の2戦だけを簡単に紹介してみたいと思います。

 

 

1戦目

 

・私(ろっか)のお題「コーンスープ」 少数派

・母のお題「味噌汁」 多数派

・妹のお題「味噌汁」 多数派

 

妹 「みんなこれを好きなんじゃないかな?」

私 「確かに嫌いな人を見たことはないなあ」

私 「飲み物だよね」

妹、母 「そうだねー」

母 「ろっかがいつも具だけ食べて、汁を残しているよね」

私 (あれ? コーンスープの具だけを食べる? なんだかおかしいぞ・・・)

妹 「本当にろっかはいつも残してるイメージ 笑」

私 「そうだね・・・、いつも残してるかな・・・、ハハハ・・・笑い泣き

 

ここの私の反応で、私が嘘をついているとバレバレになり、最終的に私が処刑されました 笑

多数派の勝利です。

 

 

 

2戦目

 

・私のお題「柔道」 少数派

・母のお題「ボーリング」 多数派

・妹のお題「ボーリング」 多数派

 

私 (柔道が私のお題だから、もう一つのお題はきっと同じような格闘技に違いない!)

私 「体育の授業でやるよね!」

妹、母 「えっ?」

私 「えっ?」

妹、母 「体育の授業でやるの?」

私 「・・・・・・・・・」

 

問答無用で私が処刑され、多数派の勝利!

 

 

 

 

・感想

 

とても面白かったのですが、4試合中3試合は負けましたね 笑

まあ、少数派をたくさん引いてしまったので、少し難しかったのかなと思います。

それにしても、私は下手くそでしたが 笑

 

このゲームは、最初から核心につくようなことを言ってはいけません・・・。

2戦目の柔道のときのようになってしまうからです。

なので、みんなが当たり障りのないことばかり言います。

でも、それでは情報が集まらないので、なかなか話し合いの加減が難しいですね。

 

家族みんなで爆笑するほど、面白かったので、興味を持たれた方は、是非やってみてください。

アプリも無料でスマホでダウンロードできますよ。