こんばんは

みやぎ寺子屋婚活塾の佐藤です。

 

10月に入り、日の入りも早くなってきました。

一日が短く感じる季節ですね。

 

寒くなるまえに

結婚に繋がる出会いを!と

活動されてる方が多いと思いますが

結婚相談所での婚活も、自分が思うようには進みません。

 

結婚を求めている男女が

沢山いるのに

なぜ???

 

独身男女が大勢登録している結婚相談所!

県内どころか、日本中に沢山の、おなじような年代の男女が

結婚相手を求めて、日々活動しているのが

結婚相談所です。

 

それなのに、なぜ?理想の人

自分が会いたい!と思う人が

自分を選んでくれないのか?

 

答えは単純で

相手の求めている諸条件に合わないから!なのです。

 

仲人がいくら人柄の良い方をお勧めしても

自分の理想を追求する方は

絶対にその諸条件を緩和しないのです。

 

 

女性ならば

「年収は、最低600万以上」となれば

それは、必須!

婚活歴が長くなり、自分の年齢も上がった頃、、、、、、

やはり年収500万くらいの方にもお会いしてみますと

条件緩和するには、時間がかかる方もいます。

 

①年収(500万から700万)

②年齢(なるべく若い方、できれば年下)

年齢はぷらす5歳くらいがマックスという方も多い(6歳以上10歳になるとオジサンという位置づけの方も)

③容姿(絶対に○○はNGと譲れない容姿条件がある方も多い)

 

男性であれば

①見た目(容姿)、絶対ゆずれない容姿を条件とされる方も多い

②年齢(自分より5歳からマイナス15歳まで)若ければよいという方も多い

③職業(働いてる方、アルバイトではなく正社員)というのも最近は多くなりました。

 

 

私たち仲人がちょうどいいなとおススメしても

本人達の希望からは

大きくそれていて

「お見合いが組めない」という状況に陥ります。

 

じゃ、結婚相談所のお見合いシステムの中で

ご成婚された方は、なにをした方というと

 

簡単に言うと

自分を選んでくれる方を選んだ!

ということです。

 

自分の好みではなかったが、相手の良さを見つけることができた。

自分を思ってくれることで、自分も好意を持つようになった。

最初はテンポが合わないと感じたが徐々に二人のリズムを作っていった。

最初は好みではないファッションだったが、一緒に買い物にいき洋服を選んであげた

最初は会話もかみ合わなかったが、時間が解決をした。

 

自分を選んでくれる相手も完璧ではないのですが

「好意」という土台があるので

関係を構築し、結婚相手として育て合っていけるのですね。

 

 

相手に完璧さを求めすぎ、期待しすぎると

相手に対する「不満」だけが生まれます。

 

これは婚活だけではなく、一般に

人との関係性を深める中で大事なことです。

 

相手に完璧を求める前に

自分はどうなのか?

自分は欠点のない人間なのか?

誰かに許されて生きてる人が殆どですよね。

 

ご縁を繋げ、引き寄せていける人は

「不満」を「感謝」に変えられる人かもしれません。

 

不満の連鎖に飲み込まれると

いつしかご縁を逃す人になってしまいます。

 

自分から出す波長を変えていきませんか?

 

カフェで個別相談をしております!

お問合せ専用電話

080-9631-3822

mail

haru.tsubaki1178@gmail.com

 

大崎市の方は大崎市駅前、カフェモンテにて個別相談可能です。

富谷市、大和町、仙台市泉区の方は

結眞庵にて受付しております。

 

本日もブログをお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が思い描く「普通の人」と出会いたい!