こんばんは

みやぎ寺子屋婚活塾結婚相談所の佐藤はるみです。



今日は会話力を上げるにはどうしたらよいか?

についてご紹介したいと思います。

 

当方相談所にも

「お見合いで女性と

何を話したら良いかわかりません」



「イベント参加しても、フリータイムでなにを話していいかわかならない」


「お見合い後の2回目のデートで話せなくてお断りがくる」など

様々な相談が寄せられています。

 





当方ではご不安のある方には

お見合い開始前に、同年代の女性に協力していただき

模擬デートプランもご用意し

、何度か練習していただいてから

本番のお見合いへチャレンジしていただくようにしておりますので

お気軽にご相談いただければと思います。





 

ある程度会話はできるのに

いまひとつしっくりいかないという方は

なにかしら自分の話し方に問題があるかもしれませんので

客観的に自分の話し方を 

第三者に検証してもらうことも大切です。

  



例えば下記のようなNGトークになってないでしょうか?

 



①自己卑下トーク  

「僕と話していてもつまらないでしょう?」

「どうせ僕なんか、何もいいところないです」と自虐を繰り返したりする。

聞いてる女性は暗い気持ちになりますよね

 

指示、上から目線トーク

女性が何か悩みや愚痴を話題に出した時に、話を最後まで聞かず

「こうすれば簡単に解決する」とか

「悩んでも仕方ないじゃない」

「そんなことで悩んでどうすんの?」とか上から目線で指示を出し、答えをだす。

これは、ほとんどの女性が望んでおらず、女性はただひたすら聞いてほしいし、共感してほしい、分かってもらいたいのです。

正しい答えを求めているわけではないので、勘違いしないようにしたいですね。

 

質問攻め

会話が途切れないように、とにかく質問を浴びせ続けることは

相手も自分も疲れていまいますので、適度な間を持つことも必要ですね。沈黙も恐れずに。

 

自慢話

自分を表現することは大切ですが、間違えて自慢話になることもあるので、相手が興味持ってくれてる話題かどうかも

気を付けて自慢話にならないよう注意が必要ですね。

 

初対面の方や、人間関係が構築されてない中での会話は

色々気遣う事もありますが

まずは相手の話に興味を持ってきく姿勢が

好感を持たれやすいのは間違いありません。

 

うなずく、共感する、そして笑顔で

「今日は楽しい時間でした、お会いできてうれしかったです」と

素直に伝えられたなら、会話の内容がどうであっても

悪印象にはならないのではないでしょうか?

 

色々試してみてくださいね。

 

今日もブログをお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

来月の仙台恋活大人のカフェ交流会のお知らせです。

image