東京は2日続けて降ったりやんだり。

雨の日は雨音以外聞こえないので

 

内側を見つめるのに絶好です。


 

小さいことだけれど。

 

気になることがあるなぁ。

 

 

カーテンの幅が少し合わなくて

 

スキマができる。

 

 

 

置き場所が複雑で

 

資料が取り出しにくい。

 

 

 

本棚からはみ出した本。

 

入りきれずに床に置いた本。

 

 

 

引き出しの中がごちゃごちゃ。

 

 

机から移動するときの導線の問題。

 

 

顔のシミ、たるみ💧

 

 

 

あと、

 

 

もっと知識があればって思うあること。

 

 

たまらなく惹かれてどうしようってこと。

 

 

 

気になります。

 

 

 

それで、

 

もう

 

 

全部解消することに決めました。

 

 

気になることがクリアになるとこうなります。

 

 

カーテンがいい感じだなぁ。

 

資料が一目瞭然で出し入れ楽チンだな。

 

本棚が美しい。

 

床にも何もなくて美しい。

 

引き出しの中がスッキリしててきもちいい。

 

室内の動きがスムーズでテキパキ。

 

お肌がピカピカすべすべでうれしい!

 

 

知りたかったことが深まったらさらに広がる。

 

魅かれてたまらないものとともにいる。

 


柿渋染めの布とか

 


着ているのはお気に入りのうさと。
センターではいでいるバイヤスの短めブラウス。


はおっているのは「葉っぱのショール」。
広げると大きな葉っぱで、
端にボタンでとめると
カーデガンになったりケープになったり。
はたまたマフラーのように巻いたりと変幻自在。





笠間の作家さんの器とか

 


そうなったら、

 

自分のご機嫌は絶好調です。

 

いつもご機嫌な私がいたら

 

何をするにもいい感じになります。

 

 

気になることを解消しよう。
 

目標は夏。

 

そして気に入った服。

 

からだが喜ぶ服もご機嫌の元です。

からだはすぐにわかりますから。
 

 

 

「うさとの服展in池上」
4月8日(木)から11日(日)

10:00〜17:00(最終日16:00まで)

☆予約不要

 

 

3月にはヘンプの新作がたくさん届きました。


今回はさらに夏よりのアイテムが期待できます。

 

ゆっくりと試着していただくために、

 

時間にゆとりをもってお越しください。

 


そしてたくさん着て内側の声を聴いてください。

 

 

〈庭カフェ〉

お買い物のあとにちょっとひと休みできる

庭カフェを8日と10日に開設予定です。

コーヒー、紅茶、ハーブティ、焼き菓子。

〈スタイリングアドバイス〉

お持ちのうさと服や

それ以外のアイテムとの合わせ方を

アドバイスさせていただきます。

 

 

==========

会期:4月8日(木)〜11日(日)
各日10:00〜17:00(最終日のみ16:00まで)

開場:MOON&EARTH
東京都大田区中央5-7-10
 

 

■アクセス
・地下鉄:都営浅草線西馬込駅南口より6分
(地図と詳細)
http://mokusosha.jp/topics/2104usaato

・バス:川崎駅(西口ラゾーナ広場前反01)から

五反駅間東急バス「本門寺裏」下車5分
又はJR大森駅(西口森01森02 )
から荏原町入り口間東急バス「臼田坂下」下車7分

 

■お車
駐車場は1〜2台。展示会は予約不要ですが、

車でお越しの方は事前に連絡してください。

 

========

 

■うさとの服

タイヤラオスの農村の方々が

自分のペースで楽しみながら布をつくっています。

 

糸つむぎ、織り、染めなど全ての工程は手作業。

縫製は一着を1人が縫い上げます。


村の暮らしがあってそこで生まれた布に合わせる服づくり。

うさぶろうさんはでき上がった布を見て、

宇宙の法則に則った数字でデザインします。

ミリ単位の数字が、着心地と波動を高めます。

素材は綿、麻、絹。季節によって羊毛。
触れて着てその良さを感じてください。

 

 

■コラボ企画品


・うさととの組み合わせやインナーにぴったりの、

竹の繊維のTAKEFU(タケフ)。
Tシャツ、スパッツ、ソックス、ショーツなど。


・間伐材と貝と本藍染のアクセサリー「つきひほし」。
 



・うさぶろうさんの著書『あいをよる おもいをつむぐ』




・ご縁で特別販売
eco麻クロス963

 

*クレジットカードはVisa、Master、Amexが使えます。
*エコバッグ持参にご協力ください。