満月が過ぎました。

何か大きな生まれ変わりを感じます。

 

社会で起きていることは

そのまま個人のことでもあるので、

今まであたりまえとおもって

続けていたことに

ふと疑問を感じる時でもあります。

 

🌙

 

さて、うさとのお話の2回目。

 

 

こちらの続きです

 

 

その頃、古代の日本の文字に魅かれていて

「ホツマツタエ」の勉強をしていました。

その日も、青山のセミナールームで勉強会に

参加していたのですが、

同じ日に

神楽坂のカフェで

「うさと展」があることを何かで知りました。

 

しかもそのカフェは

知り合いがオープンしたお店。

お店を始めたんだ。

いつか行ってみたいなと思っていた所です。

 

そこで「うさと展」?

ならば「ホツマツタエ」勉強会の後で

ちょっと寄ってみようかな。

 

勉強会が終わりました。

集中して聴く内容ですから、

ちょっと脳が疲れています。

 

このあと、

帰る方向とは違う神楽坂に行くの、

どうしよう…。

 

初めて会ったお隣の方が

「お茶していきますか?」と

言ってくれたので、

うさと展があること。

でも、やっぱり今日はやめようかと

思っていること伝えました。

 

そうしたらその方は

「えー、うさと展!行きましょう!

私の家、神楽坂だし」…。

 

後から思えば必然だったのでしょうが

なんという偶然。

 

 

そして

初めて「うさと展」に出かけたのでした。

 

 

何種類もの生地で作られた

何種類ものデザインの服が

竹のラックにたくさんかかっていました。

 

普通のブティックのように

同じカテゴリーのものでの分類ではないので

どこをどう見ていいか迷います。

 

もちろん、トップスとボトムなどは

分けられていましたが、

とにかくほぼ全部の生地が違うのです。

 

試着をいくつかしましたが、

よくわからない。

どのうさと服が

私に合うのか。

 

私はいったい

何を選んだら良いのか…

 

さんざん迷って

買ったのは、

かぶりもの(帽子と三角巾)と

シンプルなパンツ1点。

 

 

かぶりもの1

こちらです。左側
2016年のお正月に淡路島でイベントしたとき

 

 

 

かぶりもの2

かぶり方のバリエーションが多い

リバーシブルの帽子

 

ヘビーユーズの前あきブラウスと
超便利な短めのスパッツもうさと

 

 

パンツ

2016年 三島近辺の神社めぐりで

 

このパンツはよくはきました。

はき過ぎて膝が出てきてしまいました。

 

デザインと生地の織り方で

膝が出にくいものと出やすいものがあることを

後から知りました。

 

そのうえに

スーパーの駐車場で

太い柱に巻かれていた

プラスチックみたいなものに引っ掛けて

見事に穴まで明けてしまいました!

 

しかし、

穴があいても

うさとの服を捨てる気にはなりません。

そのままずっとしまっていました。

 

考えた末に細く切って織物にしようと。

昨年石村みどりさんから

裂き織りを教わって

壁掛けにしました。

 

 

すごく手がかかるんですが

愛着いっぱいです。

 

 

 

 

まだまだ布はあるので、

うさとのふんどし(もちろん新品!)で

作ったポシェットのポケットにしました。

 

同じ織りの生地がありました。

「いいわぁ」って自画自賛。

 

 

そして次のうさと展でのお買い物は

最初のお買い物から

1年くらい過ぎた頃でしょうか。

 

パンツは穴あけてしまったけど

うさとはもっと他にもたくさんあるし、

私にピッタリのもがあるに違いない。

そんなふうに思うようになりました。

 

そんなときにある方(確か鍼灸の先生)が

生成りのうさとのシンプルなブラウスを着ていて

「ああいうデザインもあるんだ。

ああいうのがほしいな」って

思い始めたんです。

 

そしてまたうさと展に行ってみました。

シンプルなブラウス1枚だけ買う予定で。

 

続く

 

 

 

春の「うさとの服展in池上」
 

「うさとの服展in池上」

2020年3月12日(木)〜15日(日)


11時〜18時まで(日は17時まで)
予約不要
 

■会場:MOON & EARTH

地図
都営浅草線西馬込駅南口から6、7分

*予約不要
*エコバッグ持参にご協力ください
*VISA MASTER AMEX カードが使えます(1回払い)

*『あいをよる おもいをつむぐ こころはひとつ』
*藍染の間伐材一点ものアクセサリー
*バイオダイナミック農法のホーリーバジルティ販売

 

 

 

2月の
「セイクリッド・ライフセッション」           
          

この世に生を受けてやるべき仕事は
元々持っている自分ならではの
「宝物」(資源)を活かすことです。

それを活かすことが結果として
周囲に喜びを提供し、
住みやすい社会をつくる一助になります。

あなたと世界は
密接に繋がっているのです。
あなたならではの「宝物」を見つけるための
個人セッションです。

期間:2020年2月29日まで
残席:2/14(金)、2/15(土)、2/21(金)          
         2/28(金)、2/29(土)
各回
場所:MOON&EARTH(東京西馬込)
時間:2時間
料金:16,500円(税込み)

詳細・申し込み→