8月9日。

 

月が蠍座から射手座に入りました。

 

昨日の上弦の月から

 

さらに丸みを帯びて廻っています。

 

 

 

今日と明日は

 

エネルギーが高まるので

 

弓を射るように

 

遠くまで(距離とは限らない)

 

自由に動くとよいです。

 

 

何かに突き動かされて

 

どこかに駆り立てられる衝動を

 

感じたら抑えないで動いてみよう。

 

冒険心はいつでも携えていたいです。

 

 

 

 

そんなふうに自由に動いて

 

多くの人に感動を提供して

 

素晴らしい活躍をしている人を

 

大勢見てきました。

 

 

先日も

 

竹を使った灯りの演出をしている方の

 

取材をしました。

 

 

でき上がったものはそれはそれは美しく

 

誰もが感動をおぼえます。

 

全国あちこちによばれて

 

多くの人々に喜びを与えています。

 

 

 

その方は、大学を卒業して

 

今までやっていたことの延長線で

 

灯りを作る仕事をしようかなって

 

気軽な気持ちでお友達と始めたそうです。

 

 

 

最初は口コミで小規模に。

 

それがだんだん広まって

 

今では、有名人からもオーダーが入ったり

 

誰もが知ってる

 

ビッグなアーティストのライブにも使われています。

 

 

たくさんの

 

感動的に美しい

 

さまざまな形、サイズ、デザインの

 

竹の灯り。

 


こんなにすごいの作れるんだ。

 

素晴らしいなって思いました。

 

 

さぞかし、

 

この仕事が大好きなんだろうなって

 

聴いてみたら、

 

意外な答えが返ってきました。

 

 

「好き?

 

好きかな?

 

もちろん、嫌いじゃないけど、

 

僕らが竹や竹の灯りを好きって言うより

 

竹が僕らを選んでるような気がする」

 

 

えええ〜!

 

竹があなたを選んでる?!

 

そういうことか!

 

 

それを聴いて、

 

私なんだかとても合点が行きました。

 

 

そうなんだ。

 

魂が突き動かされるように

 

どんどん進んでしまう。

 

そして感動的な

 

素晴らしい結果を出す仕事って

 

自分がそれを望んだのではなくて

 

あちらが自分を選んできてくれたんだ!

 

 

自分は「その何か」に選ばれている。

 

その実感を具体的に感じるかどうか

 

きっととても淡くてわからないかもしれない。

 

 

確たる実体は見えなくても

 

それを言葉にしたりはできなくても

 

「その何か」は、少しずつ音を立てずに歩み寄って

 

いつのまにか自分のところに来ている。

 

 

それが本当の天職じゃないかって思えたんです。

 

だから、これをしたいとか、

 

この仕事をして成功したいとか、

 

お金を儲けたいとかだけの動機だと

 

「魂が喜びとともに行う仕事」は

 

見つからないかもしれない。

 

 

自分の中にどこかわずかでも

 

「名誉と金銭欲と義理」があると

 

それは近づいては来ない。

 

そんなことは神様はお見通しだから。

 

なぜなら

 

「天職」は天が与えてくれた仕事だから。

 

 

 

天職は何だろうって迷っていたら

 

自分を突き動かす何か。

 

純粋にそれをしてしまうもの。

 

体が自然に動いてしまうものです。

 

 

あなたのそれはなんでしょうか。

 

頭で考えないで体を信じて

 

今日と明日、体が動く方に動いてみる。

 


どうぞ楽しい気づきの週末をお過ごしください。

 

 

 

因に私がうさとの服を紹介することを始めたのは

 

体がそっちへ動いたんです。

 

体が喜ぶことが心が喜ぶことだったからです。

 

 

初秋の「うさとの服展in池上」
 

初秋の「うさとの服展in池上」8月23日(金)〜26日(月)

11時〜18時まで(日、月は17時まで)
今回は金曜から月曜の開催になります。


■会場:MOON & EARTH

東京都大田区中央5-7-10
地図
都営浅草線西馬込駅南口から7分
*予約不要
*エコバッグ持参にご協力ください
*VISA MASTER AMEX カードが使えます(1回払い)