お洋服を試着するときに、
ちょっと腕がなんとかなのでとか、
脚出せないのでとか、
お尻があんまりとか
つい言っていませんか。

私もよく言うし、
みんなもそうじゃないかと
思います。
でもこれ女性特有かも。
男性はなぜかあまり言いません。

これも言霊ですね。
からだも服もその言葉聴いてます。
決していい気持ちはしません。

だからそういうことは
思っても口にはしないで
いいことだけ言いましょう。

「きゃあ、素敵!」とか、
「なんて似合うんだろう」とか
「からだが喜んでる」とか…。



このスリップ
(今はドレスのアンダーって
言うのかな)は
うさとの機械織りシリーズの
一つです。

インナーとして、
アウターとして、
寝間着や部屋着としても着れる
とても便利なもの。

Tシャツ型やキャミソールや
タートルネックやボトムなど、
種類もサイズもたくさんあります。

いつもたたんで置いてあって
地味なので目立たないんですが、
着てみたらすごくよかった。

同じのもう一枚
買おうかなって
後から聴いたりします。

来週の6日木曜日から4日間。
いよいよ「うさとの服展in池上」が
スタート。

うさとの杜で
からだ、いっぱい
ほめてくださいね。

あ、メンズも
よいものありますよ。
父の日に麻のシャツとか
いかがですか。

・・・・・・・・・・・・

 

初夏のうさとの服展in池上

6月6日(木)〜9日(日)

会場はMOON & EARTH