どこか遠くでなくて

 

誰かがやっていることでなくて

 

日々自分が味わっていることに目を向けると

 

いつも出会うものたちや

 

感じたことが

 

どれほど豊かなもので

 

癒してくれていることかと気づく。

 

 

 

雨の日なら、洗われた庭の葉の美しさを感じ

 

お天気が続けば

 

洗濯物がパリッと乾いたことを

 

ありがたく思い、

 

お日様の匂いしかしない

 

シャツに腕を通す幸せを感じる。

 

 

 

ささやかな一汁三菜の夕食が

 

ごちそうに思えて

 

ゆっくりとお風呂につかって

 

体を休められることを嬉しく思う。

 

 

 

 

それらは全部全部

 

普通に前からあること。

 

自然に起きていること。

 

誰もが経験していること。

 

 

これを豊かさを感じるときの

 

最初のスタートは

 

自分を好きになることから。

 

 

好きになると

 

自分自身とその近くにあるものが

 

目に入るようになって

 

何もかもが愛おしくなってくる。

 

 

愛おしさと日々の感謝が続くと

 

いつのまにかシンクロが起きて

 

必然の出会いがあって

 

ほしかったものが

 

向こうからやってくる。

 

 

 

その先にある

 

もしかしたらもっと大きな願いもまた

 

いつか近くに来ているのです。

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

初夏のうさとの服展in池上

6月6日(木)〜9日(日)

会場はMOON & EARTH