関東は1年で一番気持ちのいい季節。

葉の色、新芽、タネ、樹木や草花の成長する勢い。

何もかもがあふれんばかりの生命力をみなぎらせています。

 

今までは元号を意識することもなかったけれど、令和になって1週間が経ちました。

 

世間が10連休の後半は、

取材原稿のまとめに追われ、

昨日ようやく終えて

一旦手を離れました。

 

今回はインタビュー時間も長く、

ほぼ2万字を約8千字にまとめるという難題に取り組みました。

 

修正を重ねて最終的にはいったいどんな形になるか。

最初と最後では

別人のようになるのが原稿。

それもまた楽しみです。

 

文章もそうだけど、

一度増えたものを減らすのは

とても大変。

 

お休みの間に片付けをした方も多いのではないでしょうか。

私はスマホで撮った写真をパソコンに送って整理しているのですが、この写真が膨大な量たまっていたのでひとつ一つ見ながら削除。

 

今のパソコンを使い初めてだから5年分くらいだけれど、まあ、その枚数の多いこと。

何を撮ったかと言うと圧倒的に

「食べ物」でした。

 

2012年から

食のイベントをたくさんしていたし、

何を食べるか、どうやって料理するか。

本当の意味の自然食とは何か。

 

そんなことを

それなりに探求したけれど、

写真はほとんど記録として残していたから、

おいしそうではあるけれど

特に美しいとかではないのです。

ということで

かなりの枚数ゴミ箱へ行きました。

 

そのときは大切だと思ったものも、

時間とともにそうではなくなる。

 

なんでもそうですけど。

まだまだ片付けるものはたくさん。

毎年2回ある救援衣料の受付を利用して

今年も服をたくさん出します。

もう服選びで迷うことがなくなったので、

だいぶいさぎよくできるようになりました。

 

いさぎよいって、

迷いがなくてすっきりさっぱり

できることですが、

迷いがなくなるまでには

たくさんの失敗や無駄を経験をしました。

 

ずっと、

何を選んだらいいのかわからない時代がありました。

でも一つ決まると

同じように選択眼が定まって、

迷いがなくなります。

この現象はとても不思議。

 

今、服や靴などの

身につけるものはもちろん、

本、映画、セミナー、講座、飲食店、

インテリア用品などなど

選ぶ際にほとんど迷いがなくなりました。

 

無駄遣いも衝動買いもなくなって本当に楽チン。

いさぎよいって気持ちのいいことです。

 

そうそう、

庭のデザインも10年以上試行錯誤して、

やっとイメージができつつあります。

 

野菜を育てても畑にはしない。

高低をつける。

道をくねくねさせる。

木の影があちこちにできるようにする。

自然の森のようで庭のようで。

またまた妄想がつきません。

 

ここはやはりじっくりと

時間を書けて少しずつ進めていくしかないようです。

 

そして、もう一つは

セラピールームづくり。

まだ着手できていませんが、

狭くても腕と人間性で

信頼できるセラピストさんに来てもらって

施術ができるような部屋を設けたいと考えているのです。

 

まずは片付け。

とにかくものを減らす。

「ここには不要な何もありません」って

言える日を目指して進行中。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

初夏のうさとの服展in池上

6月6日(木)〜9日(日)

会場はMOON & EARTH