私たちが石丸みどりさんの
アトリエに着いたときは、
みどりさんは

もう、

「丸葉赤麻」(マルバアカソ)という草を
七輪の火でぐつぐつと煮ていました。

 

 



 


これがマルバアカソ。
葉が紫蘇に似ていて、
茎が赤い。

 

宇佐美の内野博子さんから
聴いていて行ってみたかった
機織りカフェ(現在カフェは休業中)。

 

 


やっと行けました。

伊豆市の
「わかった会館」の
ここは、
染織家の石村みどりさんの
アトリエと展示室です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどりさんは、
草木染めをして、糸にして織って
反物や服や小物を創っています。

 

 

 

変わったネーミングの由来は
女性の自立を願った
お二人の先人に由来するとか。


聴いてなるほどです。
お隣に建つ
中庭をはさんだ
円形コロシアムのような
素敵な
シニアマンションも含まれています。

 

 

今回は
雑草としてあちこちにある紫蘇に似た草で
染めてみました。

 

自然にあるものはなんでも使えて、
残ったものは自然に帰すから
媒染も自然由来のものしか使わないそうです。

 


布の下洗いも
染めてからの洗いも
わき水です。

 

 

 

 

 

重曹を少しだけ入れて、
きれいなピンクになりました。

 


同じ絹でも織りが違うと
色が全く違うという面白さがあります。

 

 

私は、何度やっても絞りが丸くならず四角くなるのが課題。

涙型のはみどりさんがやってくれたもの。

 

 

アトリエの地下には
今も活躍する明治時代の織り機など
5、6台が並んでいて、
ご自分の服を創るために
通っている方が
織りの最中でした。

 

みどりさんは
しばらく、織物の大きな仕事に集中するので
染色は来年までお休みだそうで、
「おつう」になるから覗かないでねだとか(笑)

 

高価な紬のような数々の織物も
草木で染めて織ったもの。


中伊豆にはまだ野蚕があるそうで
それで染めた美しい反物もありました!

これはすごいことです。

 

 

 

 

 

 

植物のエネルギーを

分けてもらって
身につけるから、
心と身体によい服。


使い捨てではない、
一生着られる
持続する衣。


まさに服用。

 

我が家の雑草でも
何色になるかは
お任せして染めてみよう。
 

みどりさんのHP

 

*===*===*===*===*

双葉「カードで見つける私の価値観」2回目
 

*内容の詳細はこちら→


【期日】8月18日(土)14:00〜17:00

【会場】

「貴船坂サロン」都営浅草線西馬込6分
 *詳細はお申し込みの方にお知らせします


【参加費】3,000円 

【持ち物】筆記用具


【申し込み】こちらのフォームから

 

【Facebookから】

Facebookからも申し込めます。

 

 

双葉7月の個人セッション日程

*時間と場所を追記しました

 

まるオレンジ17日(火) 14時〜   19時〜 終了

まるオレンジ24日(火) 14時〜   19時〜

まるオレンジ27日(金) 14時〜   19時〜

 

*今回は女性リーダーのコミュニケーションがテーマの方へ

*場所は恵比寿駅徒歩10分の静かなラウンジ


*女性


*料金は1時間12,000円


*自己発見のためにカードを使用する場合もあります
(占いではありません)


*セッションが初めての方は事前に概要のお聴きします
 
個人セッション用 申し込みフォーム