週末に観てきました。

 

 

「モリのいる場所」。

 


 

30年以上、家と庭だけで過ごして
 

外に出なかった画家

 

熊谷守一さんの話。

 


細部にまで行き届いた温かい映画でした。


昭和49年の設定で、


昭和52年(1977年)生まれの監督さん。


この時代のこと、


ちゃんと考えて、


一生懸命に作って


チームもいい雰囲気だったんじゃないかって思います。

 

 

モリは、夜絵を描いて、

 

昼間は庭で過ごしますから

 

たくさんの虫や小動物と会う。

 

 

モリの家のロケは


実在の古民家を使ったそうで

 

リアルな庭です。

 

その虫たちの撮影が、

 

別撮りと思いますが、

 

なかなか大変だったのではと想像できます。

 

 

どこも

 

こういうところにいるのは

 

同じような生き物。

 

うちにもいる仲間たちが

 

事実に忠実に描かれています。

 

 

 

でも、

 

一つだけ、

 

足りないものを見つけてしまいました。

 

どこにでもいる虫が出てきません。

 

脇に歩いてもいません。

 

フフフ…

 

さあ、その虫はなんでしょう?


 


それより何より、

 

配役が素晴らしい。


それぞれのキャラが


しっかり立ってて


役者陣のレベルが高い。

 

 

でも、90才代後半のモリは


もしかしたらもっと枯れてて


弱々しくて、無表情で、


山崎努さんと笠地衆さんを


足して2で割ったみたい


だったんじゃないかと、


ちょっと想像してみましたけど。

 


熊谷守一さんの絵を

 

観たくなりました。

 

 

 

こういう普通の(モリは普通ではないかもしれないけど)

 

暮らしの中に、

 

人間のドラマがあって、

 

人が生きるって素敵なんだって思えるのです。

 

 

 

 

子どもが病気になるとか

 

ペットと別れるとか、

 

難病とか

 

そういう、

 

誰だって悲しいに決まっていることを

 

題材にした作品は

 

涙を誘うこと

 

最初から計算されています。

 

それでベタな表現になると

 

ちょっとひいてしまいます。

 

 

そういうことではない。

 

普通の日常の営みに

 

人の普遍的な

 

愛を感じます。

 

 

だから、

 

ドキュメンタリーでは

 

「人生フルーツ」を高く評価しているのです。

 

 

いい映画は

 

後味が良くて

 

生きる希望をもらえる。

 


東京は渋谷の

 

ユーロスペースで上映中。

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。
 

6月〜8月の募集


双葉40歳以上女性限定
「カードで見つける私の価値観」

「価値観ババ抜き」で見つけた価値観を

さらに深めていきます。

 

各日14:00〜17:00

まるオレンジ7月7日(土)  残席3名

*会場は戸越のカフェカルムさんになりました。
会場:おうちcafe calm 
おうちカフェカルム
東京都品川区戸越 2-5-24
戸越銀座商店街、戸越温泉の近くです

 

まるオレンジ8月18日(土) 残席4名

 

参加申し込み用 申し込みフォーム

 

 

双葉7月の個人セッション日程

 

まるオレンジ3日(火)

まるオレンジ4日(水)

まるオレンジ17日(火)

まるオレンジ24日(火)

まるオレンジ27日(金)


*時間帯 応相談

*場所は都内のサロン又はラウンジ、カフェ
*年齢不問女性のみ
*料金は1時間12,000円
*自己発見のためにカードを使用する場合もあります
(占いではありません)
 
個人セッション用 申し込みフォーム