このところ、


取材とセッションで


人の話を聴く時間が続いています。

 

 

言葉以外のことを


察することも大切だけど、


共通の言語で明快に


伝えてくれると


こちらにも、


魂が目覚めてしまうような


気づきがある。

 

 

人々に共通してることは


自分をカッコよく


見せたいのでも、


お金を儲けたいのでもない。

 

 

あること

 

みんなに伝えたいという気持ちだけだ。


あることは、人それぞれで、


伝える方法も人それぞれ。

 


そして、ほしいと求めずに

 

委ねているように見える。


そういう人の話は

 

聴いてて感動の嵐が吹く。

 

人間て素晴らしい。

 

人生って楽しい。

 

この人の話を聴けてよかった。

 

いつもそう思う。

 

 

でも、その

 

あることを

 

している

 

そう言う自分が

 

自分はカッコいいだろう


というのは、


ちょっと違うよね。

 

 

で、私はどうだろう?

 

あなたはどうですか?


それを知ることもまた

 

楽しい作業ですよね。