日程と申し込みが順調にいって


やっと

 

「森のリトリート」に参加できました。

 

 

 

鎌倉の、小さいけれど


豊かな自然の中で自分との対話。

 

静かに、ゆっくりと森に入る。


自分と対話する。


仲間と対話する。

 


鳥の声だけが美しく聴こえる、


それだけの


豊かな時間。

 

 

森での気づきは、


そことうちの庭の植物が同じこと。


日本は里山の国で、


つながる大地には、同じ植物、同じ木が育ちます。

 

自分好みの庭にしようと


笹やすすきやドクダミを


邪魔者として排除していたことを


ちょっと反省。

 

 

リトリートについても一考。


本当のリトリートは、


日常を離れて自分と向き合うことなので、


アクティビティはないのです。

 


あえて何もしない時間をとる。


わかってはいたけれど、


人間は欲張りなもの。

 


リトリートと言いながら、


せっかく来たのだからあれもしたいと


以前はよくやっていた。

 

 

帰りのお茶とケーキの時間も素晴らしく


実のある対話になりました。

 


手を貸し合って


実ができる。


実が実る。


実を分かち合う.


そういうのが楽しいな。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

予告

9月8日(土)

 

湯河原 「ご縁の杜」

 

映画「つ・む・ぐ〜織人は風の道を行く」上映会と監督インタビュー&プチマルシェ開催。

 

午前、午後の1回上映

お昼にはビーガンランチもお出しします。

ご興味がある方は予定に入れておいてくださいませ。