ウンベラータの挿し木。

 

水にさしておいたら

根が出て来たので鉢植えに。

 

大きく育ちますように

 

 

 

 

今日は、

あなたもきっと

感じているのではないかと思うこと。

 

職場や勉強や趣味の集まり、

ボランティア、

家族とか親戚とか町内などで

何かをしないといけないことが

起きたとき。

 

すごくわかりやすい例をあげると

お店をやっていて

何かの

キャンペーンみたいなことをするとする。

 

その時に

店長が、

この機会に

売り上げを上げないといけないと思う。

 

一人でいろいろアイデアを考えて

考えたことを

店員さんたちに伝えて

これやるのでよろしくって頼む。

 

言われた方は、

そのいきさつや

目的をよくしらずに

あ、これやればいいのねって。

 

でもよくわかってないから

うまくいかなかったりする。

でも店長は

なとか売り上げ達成しないとって

やっきになるパターン。

 

 

周囲には

一人でがんばって

悩んで

とても苦労しているように見える人。

 

 

いつも大変そうに見えて、

あとから、

そんなふうに考えてたんだ。

もう少し早く

言ってくれてもいいのにって。

 

 

もうひとパターンは、

早い段階で、

今、自分が何をしようとしているかを

周囲の人に話して

アイデアをもらったり

協力してもらいながら

やろうとする人。

 

 

もちろん、

周りに助けてもらうから

ひとりでやる人より

うまくいくことが多く、

ストレス度合いも低い人。

 

 

人にはいろいろな質がありますが、

この、

一人でがんばる型と

周りを巻き込む型と

両タイプあると思うのです。

 

2つのタイプの大きな違いは何か。

 

ひとりでがんばる型は

周囲の人に頼むのは申し訳ない。

これは自分がやるべきことだから。

自分が責任者だから。

自分が解決しなきゃいけないことだから。

(本当にそうかどうかはケースによると思います)

 

 

違う見方をすると

周囲の人に考えてることとか

いきさつを説明するのは

ちょっとめんどくさいし

理解してもらえるかも

やってもらえるかもわからない。

そして、その人(たち)に

できるかどうかもわからない。

 

 

だから

自分一人でやった方が

きっと早いし

人に余計な気を使わなくて済む。

 

 

こんなこと

考えてるかもしれません。

 

いえ、

そこまで考えずに

もうこれは

自分一人でやるもんだって

最初から

思い込んでいるかもしれません。

 

 

かたや

周囲をまきこむ人は

 

ただシンプルに

あ、これは結構厄介だな。

 

どうすることが

一番いいかな。

 

みんなの意見も聞いてみよう。

手伝ってもらおう。

という感じで声かけます。

 

 

もう、

おわかりですね。

 

一人で解決しようとするか、

チームワークで乗り越えようとするか、

この違いです。

 

 

一人でがんばる型の人は

人に頼めない。

その理由は

 

 

・一人でできない無力な人と思われるから。

・やってほしいと言いにくいから

(断られたらどうしよう。文句言われたらどうしよう)

・自分が考えて自分の手柄にした方がいいから。

・こんなことができるって承認されたいから。

・もしうまくいかなかった時に能力が低いと思われたくない

・だから、あまり詳しくは伝えない

・他の人にこれがちゃんとできるか不安

 

 

ということは

 

人とつながってなくて

自分一人の世界で動こうとしている。

他の人を信頼していないから頼めない。

 

 

さらに

 

 

うまくいかなかったらどうしよう。

というおそれ。

自信のなさからです。


 

 

周囲巻き込み型は

・こんなたいへんなことはみんなでやらないとできない

・みんなの意見も聞きたい

・自分にはないアイデアを聴きたい

・一緒にやった方が早いし楽しいかもしれない

 

これだけです。

 

自分の能力とかそんなこと言ってません。

 

今やることに

フォーカスしています。

 

だから、

普通に

自然に

周囲の人を巻き込んで

みんなで力を合わせて

達成することができるのです。

 

 

周囲を信じて相談するのは

人を信頼しているから。

それは相談してもいいと思ってるから。

お互い助け合ったらいいんじゃないかって。

 

 

結果はどうあれ、

みんなで力を合わせてやったことは

みんなの自己肯定感が上がるし

自信が高まるし、

お互いへの信頼感も増します。

 

 

これ、

 

リーダーになる人の

 

考え一つ。

 

 

リーダーシップって

 

お山の大将で

引っ張って行く力ではなくて

周囲の人を信頼して

自分ができないことは伝えて

協働する姿勢をもつこと。

 

信頼と自信。

自信と信頼

 

そんなことを思いました。