うちの水仙は

まだ開かないのですが、

クリスマスローズは

今がいいときです。

 

今朝は、

香りのないクリスマスローズと

香りが良いヒヤシンスを空き瓶に^^

 

植えるときも

挿すときも

香りがない花とある花を

合わせるといいですよ。

 

 

 

 

今日は「発」の話。

 

人が直接「発」するもの。

 

 

発信

 

発話

 

発揮

 

発育

 

発音

 

発汗

 

発見

 

発言

 

発想 などなど

 

「発」が着く言葉は

 

たくさんあって

 

見ればわかりますが

 

出すとか放つとか起こること。

 

 

中にあるものを

 

外に出す。

 

なんか気持ちがいい。

 

 

カラオケで

 

思い切り歌うの、

 

気持ちいいでしょう。

 

表現もある意味「発」です。

 

 

仲良しが集まって

 

おしゃべりするのも

 

気持ちいいでしょう。

 

 

 

対する「受」は、

 

受けること。

 

アクションしません。

 

静かに受けるわけです。

 

受信

 

受容

 

受領

 

受粉

 

出てくるのが圧倒的に少ない。

 

 

生き物は生理的に

 

「発」の方が気持ちいいので

 

よくしゃべる人が多いのです。

 

「あの人よくしゃべるよね〜」

 

って言うけど、

 

「あの人よく聴くよね〜」とは

 

言いませんよね。

 

 

どちらかというと

 

「聴いてくれる人」という言い方になります。

 

 

 

そういえば

 

タロットカードの先生で

 

カードの意味とかを超えて

 

すごーくしゃべる方がいます。

 

ずーっと、何時間続く?

 

と言う感じで。

 

 

終わってから

 

「誰か私のおしゃべり止めてえな」って

 

言ってました(笑)

 

 

 

ふだん、しゃべらない

 

コーチやカウンセラーの方も

 

プライベートな時間では

 

すごくしゃべる人

 

結構多いです。

 

 

 

「出す」と「入れる」がうまく

 

バランスとれてて

 

生きている気がします。

 

そして「発」がどれだけできるか。

 

それをどうするかが

 

大事なんです。

 

 

 

一番わかりやすいのは

 

「呼吸」。

 

 

呼吸法を教わると

 

息の吸い方(入れる)よりも

 

息の吐き方(出す)方が大事って

 

教わりますね。

 

 

腸も同じく。

 

何を食べるかはもちろん大事だけど。

 

ちゃんと出しているかもすごく大事。

 

出さないと不要なものがたまって

 

悪影響がおきますね。

 

 

最近、

 

出てくるって気持ちいいってこと

 

とても感じました。

 

 

神様カードのグループワークをしたとき。

 

 

3人一組で

 

交代でリーディングして

 

読む人をやったときに

 

自分でも意外なほど

 

出てくる出てくる。

 

 

言葉がすらすらと

 

すべるように口から出るんですね。

 

 

 

 

それは、

 

カードの意味を知りたい人

(クライアント)にとって

 

いいことですが、

 

リーディングしている自分にも

 

なんとも

 

気持ちいいことだったんですね。

 

 

文章書くときもそうです。

 

すらすらと出てくるときと

 

何にも出ないで

 

時間ばかりが過ぎて行くとき。

 

これは

 

自分の力ではなくて

 

何か上の人からやらされている。

 

頭で考えないから自然に出てくるんだけど、

 

それは自分という肉体を通して

 

やってくる上からのメッセージではないかと思うのです。

 

カードしても

 

原稿書いても

 

ちっとも進まないときは

 

頭で考えすぎて

 

上からのメッセージを除けている。

 

 

 

これ、

 

何度も経験しています。

 

だから

 

自分が発することが

 

スムーズに行くためには

 

頭で考えないことなんです。

 

この文章も

 

まだまだ書きたい感じですが

 

また次回に。

 

 

今週も、後押ししてもらって

 

よい週にしてください。