いよいよ3月がスタートしましたね!

 

この数カ月間

 

ちらっと、

 

今までとは違う感覚を覚えていませんでしたか。

 

ほんのわずかな感覚。

 

それが、その時は

 

いやなこと、

 

ネガティブなことと感じても

 

その裏側には意味があるのです。

 

 

すべては

 

あなたがいいことの方へ進む

 

サインなのです。

 

こういうことを

 

私が伝えるのは、

 

自分の体験と

 

感じるもの、

 

降りて来るっていうと

 

言い過ぎかもしれませんが、

 

出て来る言葉に従ってお伝えしています。

 

あくまでも私が感じたことです。

 

 

 

さて、今日は

 

やっぱりこれでしょって感じた

 

 

相手を思いやることについて

 

お伝えしたいと思います。

 

先日、

 

ある方のお話会に行ってきました。

 

普通はできないような

 

素晴らしい活動をしているので

 

応援の気持ちと

 

そのテーマのお話を聴きたかったからです。

 

当日は

 

司会進行の方が

 

仕切っていました。

 

その方も、

 

国際的に活動している方で

 

さまざまな体験や見識をお持ちのようでした。

 

 

 

多勢集まって、

 

そのお話の主役が

 

どんなことを話してくれるか。

 

みんな期待していました。

 

 

進行の方は

 

開口一番の質問を

 

ご自分の体験を話してからしました。

 

それが結構長いのです。

 

 

主役の方は

 

質問のことにはあまり答えずに

 

ご自分の本質的なことを話しました。

 

 

かみ合いません…

 

会場の皆さんも

 

なんとなくやきもきしていたように感じます。

 

その先も、

 

聴きたいことには

 

なかなか触れずに

 

今、自分が感じていること

 

以前とは変わったと言うことを

 

熱心に話しました。

 

 

 

なるほど、

 

とても深い、

 

人間についての話でした。

 

問答はないけど

 

ちょっと禅問答のような。

 

 

でも

 

 

話がなかなかその先に展開しません。

 

 

そして、

 

合間合間に

 

進行の方が、

 

質問と言うより

 

ご自分のことを、

 

つまり

 

話を受けて

 

ああ、私もそういう体験をしました。

 

前に…というように

 

自分の事を話し始めるのです。

 

 

 

このお話会は

 

一体どこに向かっているのか。

 

ちょっとイライラしました。

 

 

どうしてそうなったのでしょうか。

 

 

 

主役と進行の方の波動が

 

全く合ってなかったからです。

 

打ち合わせなどしないで

 

臨んだのだと思いますが、

 

それがいけないというのではなくて、

 

根本のところが

 

最初からずれまくっているようなのです。

 

 

 

 

実は、

 

こういう

 

お話会や講演会に遭遇したのは

 

一度ではありません。

 

 

 

「その時の雰囲気や参加者の顔ぶれによって

 

決めるからーーーーー」

 

と、

 

おっしゃる方々の

 

お話会に多いような気がします。

 

 

そして、

 

終了後、

 

ああ、今日も面白かったと

 

本人たちが裏で言っているのを

 

聴いたことがあります。

 

 

しかし、

 

こっちは

 

 

なんにも

 

面白くありません!!

 

いったい何を聴きにきたのか

 

全然わからないです。

 

 

 

こういう経験

 

ありませんか?

 

 

この原因ははっきりしています。

 

事前打ち合わせは

 

内容によって

 

または

 

出演者の関係性によって

 

した方がいいときと

 

しなくてもいいときがあると思います。

 

 

でも、

 

2人のトークなら

 

お互いが

 

ゲストと進行役なら

 

進行役が

 

 

相手の話をもっと聴くという

 

 

姿勢がないかぎり

 

そのイベントは

 

つまらないものになります。

 

 

 

聴くんです!

 

自分がしゃべるんじゃなくて!

 

 

それで、

 

いろいろなことが見えてくるんです。

 

 

誰でも

 

しゃべりたくなるでしょうが、

 

今この場では

 

あなた個人のことは

 

どうでもいんです。

 

 

 

とてもシンプルな

 

コミュニケーションの基本です。

 

今の時間は、

 

誰が

 

何を話して

 

どこへ行こうとしているのか。

 

それが混乱すると

 

しゃべりたいことを

 

 

しゃべりつづけた人以外

 

みんな

 

満たされない想い

 

 

家路に着くことになります。

 

 

 

何も

 

講演会やお話会ばかりではなく、

 

ふだんの会話もそうです。

 

家庭で

 

職場で

 

学校で。

 

 

自分を主張することは2番目。

 

まず

 

 

目の前に居る人はどうしたいのか。

 

何を伝えたいのか。

 

その思いやりを

 

お互いが持てば

 

お互いの関係も、

 

その場の気の流れも

 

ずっとよくなるはずです。

 

 

古民家カフェ蓮月でお茶とケーキいただきました。

しっかり聴いてくれる友人と。

わたしもちゃんと聴きました♡