3日ほど経ちますが、

ヒデさんこと榎本英剛さんの、

「本当の自分を生きる」出版記念イベント

に行ってきました。

 

 

 

別の日に申し込んだけれど

行けなくなったので友人に譲り、

もう「本当の自分を生きている」ので、

行かなくてもいいのかなと思っていたら、

新たに2回増えて、

それが何度も目の前に表れて、

行くべしという声だったみたいです。

 

ヒデさんとは、

会社に勤めていた20年くらい前に、

異業種勉強会での出会いが最初。

 

アメリカでコーチングを学んで帰ったばかり、

これからやろうとしている

壮大な夢に向かって

孤軍奮闘しているように見えました。

 

私にはそれが

コーチングとの出会いだったけれど、

恥ずかしながら自信もなく自己肯定感も低く、

本質がつかめないまま時間が過ぎていきました。

 

その後のヒデさんは

「アクティブ・ホープ」や

「チェンジ・ザ・ドリーム」などを日本に紹介しました。

 

知るのも学ぶのも、

人それぞれ

最適なタイミングっていうのが

あるんだと思います。

 

 

イベントは、

ヒデさんの「こんばんは」だけで拍手がわいて、

参加者みんなの気持ちが伝わって来る

温かい雰囲気でスタート。

 

体験から導き出した

8つのキーメッセージのうちの3つを元に、

話とシェアが続きます。

 

1 「内なる声」は天からの贈りもの

2 「シンクロニシティ」は進めべき道を指し示す道しるべ

3 流れにのると思いがけない形で人生の扉が開く

 

 

心に強く残ったメッセージ

 

・「内側の内なる声」と「外で起きる出来事」、どちらも天からの贈りもの

 

・人生で大事なのは「宇宙を敵と見るか味方と見るか」の違いを知ること。どちらが力がわいてくるか。(by アインシュタイン)

 

・生き方のOSを見直す。人生をどうとらえるか。

 

・人生は「未知」に「満ち」ている(笑)

 

・「理」ではなくて「意」を選んで未来に向かう。

頭に「意」がつく言葉。意欲、意義、意味…。

 

・この生き方は安定も保証もないかもしれないけれど、

驚きと変化、エキサイティングでスリリングな人生を体験できる



 

内なる声に従ってやってみる。

それを多勢と共有し、

勇気と希望を与える(結果そうなる)

これ、大きな喜びです。


 

最近の内なる声に従っていたら、

アジアの若者に向けた教育活動が

はじまる流れになったそうです。

 

懐かしい顔にも会え、

温かい幸せな時間を共有。

シンクロニシティおきました。