いつも一生懸命なあなた。

 

がんばることも

 

がんばらないことも

 

両方必要ですね。

 

 

心と身体が疲れてしまって

 

やる気がなくなってしまうことも

 

たまにはあると思います。

 

 

それは、がんばりすぎて

 

ちょっと無理したときのサインです。

 

 

決して、やる気が起きないダメな自分と

 

思わないでください。

 

 

 

どのくらいの時間

 

継続して緊張状態を保てるかは

 

個人差があるので

 

人と比べないで

 

ぜひ自分の身体で感じてください。

 

 

特に今、

 

節分が過ぎて、

 

新しい季節に移り変わっているときは

 

心身にも変化が起きます。

 

昼間急に眠くなったり、

 

疲れやすくなったり

 

食べ物の好みが変わったり

 

興味関心が変わったりしていませんか。

 

 

 

私も、

 

静かな部屋で原稿の仕事をしていると

 

突然猛烈な睡魔に襲われてしまうことがあります。

 

昔は、昼間眠くなるなんて

 

たるんでる!って、

 

自分を責めていましたが、

 

今は、すぐにお昼寝することにしています。

 

ほんの短い時間休むだけで

 

頭も身体もすっきりします。

 

 

身体も心も変わろうとしているのを

 

ぜひキャッチして

 

その状況を尊重してください。


 

 

個人の心身の変化は社会の縮図。

 

 

今、世の中では、

 

事件、事故、急な旅立ちなど

 

いろいろなことが起きています。

 

冬期オリンピックでも

 

国と国の新しい関係が

 

できつつありますね。

 

 

個人が

 

都市が

 

国が

 

世界が

 

今、変わろうとしています。

 

 

私たちは

 

普段、

 

自分の身のうえに起きたことや

 

家族の問題や

 

職場でのトラブルや

 

仕事上の行き違いや

 

お隣の人とのささいなことや

 

日々さまざまなことに遭遇して、

 

それらにやや翻弄されて

 

変わろうとしている自分に

 

気づかないことがあります。

 

私は何を感じているかが

 

今、どうなっているのか。

 

よくわからなくなることがあります。

 

 

感じているのに

 

まあいいやって無視すると

 

それは積もり積もって

 

別の形で押し寄せてきます。

 

 

 

よいことも

 

よくないことも

 

感じたことを尊重しましょう。

 

 

それが魂が発していることです。

 

それが正しい道に進む合図です。

 

どうしても魅かれてしまうこと。

 

どうしも不快に感じてしまうこと。

 

不快に感じた自分の感情を

 

責めないで、

 

そう感じた私がいるんだって思ってください。

 

 

それはもう、

 

目にしたり

 

耳に入れたりする必要がないってことです。

 

選択肢の中に入れなくても良いという

 

サインなんです。

 

 

例えば

 

申し込んだのに

 

なぜか会場に行けなかったセミナーなんかそうです。

 

「もう、それ行かなくていいよ」って。

 

 

または、

 

逆に 行きたいけど行けないな。

 

用事あるし、

 

お金もかかるし。

 

諦めて

 

すっかり忘れていた頃

 

また

 

SNSに案内が出てきて

 

目に飛び込んできた。

 

用事もお金もなんとかなって

 

行くことができた。

 

それ、

 

あなたに必要なことなんですよね。

 

 

 

不要な方を、

 

あなたが手放したり

 

遠ざけて行ったとしても

 

誰も傷つきません。

 

 

 

 

自分の中の光を尊重して

 

光の道を歩きましょう。

 

神様が後押ししやすくなるために。