神棚の榊を挿す花器が小さくて

すぐにお水がなくなってしまう。

 

二度とドライサカキをつくらないように

今日もお祈りした山上晴美です。

 

 

 

注文したカレンダーが届きました。

 

今年のカレンダーがないことに気づいて

探していたら、

巡り会ってしまいました。

 

 

Facebookで見た

 

ある方の投稿で一目惚れして

 

すぐに注文したら

 

代金後払いの普通郵便で届きました。

良心的

 

 

「草暦」(くさごよみ)カレンダーです。

 

草船on Earth という

 

草と自然に関する活動をする

 

矢谷左知子さんが創られています。

 

こちら→草船on Earth

 

 

 

 

丁寧に書かれた宛名。

 

メッセージカード、

 

字の書き方から

 

ていねいに心を込めていることが

 

伝わってきます。

 

 

カレンダーは、

24節気、72候、

新月、満月のピークの時刻が記載され

可愛いイラストもついています。

 

 

はぁ〜

 

うっとり

 

心が休まって

 

幸福感を感じるわ。

 

 

2018年は、

 

この暦を見て

 

時を感じながら過ごす。

 

いい年になりそう。

 

 

創っているこの方にも

 

きっと会える。

 

そんな気がします。

 

 

こんなふうに

 

一つずつ

 

ていねいに

 

物事と向き合って

 

小さなことをこつこつと。

 

何処かで聴いた言葉だけど、

 

こつこつ積み上げていくと

 

いつかとても素敵なことに

 

出会うのだと思います。

 

 

 

実は

 

ずいぶん前のことですが、

 

一緒にお仕事したある方が

 

資料か何かを宅配で送ってくれて

 

中にビニール、

 

外は宅配用などの紙の袋に

 

入っていました。

 

 

これ、梱包としては普通ですよね。

 

でもね、

 

中のビニール袋が

 

ユニクロの服が入っていたものだったの……

 

 

その方

 

クリエイターさんなんだけど

 

以降、

 

ちょっと、

 

一緒に

 

お仕事するの

 

ためらいました…。

 

 

あ〜

 

そんな袋一つで決めるの?

 

そうですよね。

 

しかし、なんだかな。

 

 

 

ユニクロの服…

 

それが入っていた透明ビニール袋…

 

送った中身は大切なもの。

 

いえいえ、ここの服

私も2、3枚持ってます。

重宝しています。



でもなんだろう。


私の中に芽生えた、

このもやっとした感情。

 

 

 

東京は今日も晴天。

 

良い週末を。

 

 

 

AD