11月15日は

雨が上がって清々しい東京の朝。


前日に2泊3日の坐禅断食会から戻ってきました。
断食自体は10数回目。

座禅断食の師匠野口法蔵さんの会ははじめて。

 

信州の秋は寒いけど、

空気が澄んで空がきれいだった〜

 

 

 

 

 

 

野口法蔵さんの座禅断食会は

最大で50人だそうで今回は45人。

心身と向き合う老若男女が集まって

素晴らしい貴重な体験をしてきました。

 

断食はいつも通りスムーズに。
心身浄化、デトックスも予定通り。

今回、たくさんの気づきがあったので

ちょっと整理してみました。

 


〈自分の体〉

坐禅中は、痛みの箇所で
体のゆがみや不具合に気づく。

はじめてやった数年前は

背中の痛みがあった。

背筋が弱かったらしい。

今回は、左足の痛みが少々。

足に何かテーマがあるので、

時間をかけて向き合っていこうと思う。

 

〈野口法蔵さん〉
修行の様子が、お話から、本から
よくわかった。
修験者はあちらとこちらを繋ぐ役目という話。
それは能の世界に通じること。

今、お能の稽古を始めるところなので

その話はとてもタイムリー。

 

五体投地のやり方教わる。
1日108回を100日続けてやると
必ず何かが変化する。

 

入手しにくい、
たくさんのラダック基金の本。
『人間の頂』は読み始めたら止まらない。
そんなすごいところで
そんな過酷な修行をしてきたのか、
と思えないくらい、
見た目は普通で静かな先生。
紫外線浴びても大丈夫みたいな
きれいなお肌でお若い。

 

 

〈出会い〉
鍼灸、整体、キネシオロジー、
マクロビ、修験道、風水、
舞踏などを
長く仕事にしている

意識の高い方々
(もっといろいろ多勢ですが)。
思いがけずうれしいつながりもできた。

 

電磁波を避けるため
デジタルデトックスの方々が多く、
ネットからの情報はいらない。
いつもダイレクトに、
必要な情報はやってくるからと
自信をもっておっしゃる。
なんて素敵なこと。

 

法蔵さんも、
リアルなご縁を大切にしたいからと
あえてネットでは断食会の募集をしないと言う。

ネットの世界がすべてみたいに
勘違いしそうだけれど、
SNSに上がって来ない世界はとても広くて、
素敵で大切なことがたくさんある。
――ーということを
ここに書くのはおかしいかもしれないけれど。

 

〈明けてからの食事〉
夕食は、坐禅会で買ってきた
おそば、パン、残り野菜の
くたくた煮。
バナナ豆乳ジュース。
いただいたリンゴ。
初日にしてはちょっと多過ぎ。

 

出会った全ての方に感謝。
次はちょっと足を伸ばして

南の方にも行ってみたい。

 

 

 

明けてからの自宅での食事用に

パンも購入できます。

これは天然酵母でイチジクとチーズ入り。

激ウマ!

断食直後に乳製品を取っていいかどうかは

諸説ありますが、法蔵さんの断食はOKです。

 

AD