まるまると太ったイチジクが

あまりにおいしそうなので買いました。

 

子どもの頃、

あの独特な風味がダメで苦手だったのに、

今は大好きな果物。

 

 

こういうのって、

長い間、

「いちじくっておいしくないよね」って

頭の中にあるのね。

 

でもある日食べてみたら、

「あら、おいしいじゃない!」って。

味覚は変化するのに、

変わってないと

ずっと思い込んでいたのです。

 

最近、

好きなものやことや場所が

どんどんはっきりしてきてる。

あいまいだったり、

こっちじゃなきゃいやっていうのは

わがままって思っていたこともあったけど、

実はこれはいいことだと思う。

 

食べ物、服など身につけるもの、

インテリアなどの場、

家のたたずまい、もちろんすべての色!

人の顔つき、私にはすごく大きい声の印象、

人が醸し出す雰囲気、空気感などすべてです。

 

人が何かを選択する時に

何を基準にしているかって、

実は感性と価値観ではないかと思うの。

 

だって、それがぴったりだと気持ちいいもの。

気持ち悪いことはいやです。

誰だって。

 

そうしたら、

選ぶものがどんどん「当たり」になってきた。

この人の話聴きたいなと思ったら

やっぱりすごく深くて、

今の自分にシンクロすることだったり、

この人から教わりたいなと思ったら

やっぱり、根底の価値観がいっしょだったり、

ビビッと来て手に入れたモノがよかったり。

 

「好き」がはっきりしているから

直感も活かせるのです。

直感を活かせると上昇気流に乗れます。

 

 

 

AD