本日も、お越しいただきありがとうございますおねがい


忙しくなると、
片付けをしたくなる、野口花琉実です。
おそらく、現実逃避の一つかもしれません滝汗



(犬のように見える石←どこだっけ?)



たびたびブログにも書いていますが、
お引っ越しに向けて、片付けやら断捨離やら掃除やら、頑張っております。



先日も、すごい量の寄付をして、
スッキリしたかと思ったのですが、
引っ越し先のスペースやら収納やらを確認したら、
やはり、


収納が、少ない!!!



以前もこれぐらいの所に住んでいたのですけれど、
入れる場所に比例して、
物は増えますねーガーン

今の家は、古い一戸建てなので、
収納がめちゃくちゃ多いのです。


押入れは宇宙と繋がっている


と言っていた友人がいますが、
まさに名言だと思います。



大量に捨てたり寄付したりしましたが、
部屋の見た目は変わりません。
押入れの中に少し隙間ができたぐらい。


とにかく引っ越したら、
スッキリと掃除のしやすい家にしたいです。


実は、
家事の中でも、掃除が苦手なんです。


スペースが狭くなるというのは、
ある意味チャンスかもしれません。

引っ越ししてから五年間、
押入れに収納したまま1度も使っていないものがかなりあります。

五年間使わなかったのですから、
もう、無いも同じですよねアセアセ

日々の生活で使う物は結構少ないですし、
その中で気に入って使っているものを
これからは大切にしていきたいです。


昨日は、
やっと、親のものが入っている引き出しに手をつけました。



四段ある引き出しの二段を片付けました。

あと一段、捨てられそうな気がしますが、
一度には出来ないのです。
決心が付かないのです。

でも、少し時間が経つと、
また出来るようになります。

一気にやってしまった方が
一気に楽になるような気がしますが、
それができない面倒な性格です。


それが私ですから、
仕方ないですねプンプン
とうとう開き直りました滝汗


まあ、自分らしくボチボチやります。

人の性格は、
一瞬で変わるということはありませんから。

でも、
少しずつでも行動を起こせば、
積み重なって変化は起こります。

今までもそうでしたから。

素敵な未来の夢を現実にするべく、
頑張ります。


野口花琉実でした












本日も、お越しいただきありがとうございます。


この年(54才)ぐらいになると、
増える話題のトップ2はこんな感じではないでしょうか。

自分の体の不調問題と、親の介護等のこと。


子供が大きくなり独立などして、
やっと自分達の気楽な生活が出来ると思うのもつかの間。
まだまだ、やらなければいけないことが待っているのですねガーン


我が家は、
90才を越えたお姑さんが、
まだ元気に過ごしてくれています。
と、言ってもそれなりのお年なので、
ずいふん弱っていることは否めません。
圧迫骨折で入院、大腸炎で入院と、
トラブルは出てきていますショボーン
でも、まだまだ頑張って欲しいです。


私の方は、
今年母を看取ったことで、両親共に鬼籍に入りました。
五年前に父の看病の為に実家に戻り、
父を見取った後、そのまま実家で生活をする中で、
親の遺品整理を頑張って進めてきました。


昭和一桁生まれの両親の遺した物は、
それはそれは膨大で、
同居をする時にも、トラック一杯分の整理が必要でしたが、
その後も、
すごい時間と労力とお金をかけて、
片付けを進めてきました。

それは、私にとっては、
色々な意味でとても辛い作業で、
泣きながらコツコツと続けてきました。

なぜ泣くのか?

それは、
両親に対する様々な思いと、
良いも悪いも含めて、過去に向き合わなければならないこと、
更には、物を捨てるという行為の辛さからでした。

五年かけて、殆ど終わりましたが、
あと少し、
手をつけたくなくて残っているものと、
床下収納が丸々残っていますガーン
もう、これは、
恐ろしくて開けたくないゲロー


しかし、これも、
引っ越しまでには何とかしないといけません。


こんな面倒なことを、
自分は子供にやらせたくないプンプン
お金なら喜んでくれるでしょうけど、
処分するのに時間とエネルギーとお金のかかる荷物なんて、子供だって迷惑でしょう。

まあ、それもあって、
自分の片付けも進めているのですが。


で、
親の遺品です。
まだ、残っていますので、
それをやりましょう。


とてもとても面倒だし
気が重いし、
また泣くかもしれないし、
本当に面倒なんですけれど。
やるしかないですからねしょんぼり



時代は、変わったなーと
つくづく思います。
戦争を、経験した親世代は、
物がなく苦しい思いをしたので、
物を手に入れることで豊かさや喜びを感じられたのでしょう。
そんな親世代の頑張りのおかげで、
私達世代は贅沢に物がある時代を生きることができています。
本当にありがたいことだと思います。

しかし、
今や物を持っていることだけで、幸せを感じられるか?というと、
そうではなくなってきているように感じます。

心を豊かにするのは、
経験であり、
感動であり、
愛や優しさを感じられる繋がりであるように思います。

物目線で考えると、
ただ持っているだけではなく、
その物が感動だったり、
心地良さだったり、
便利さだったり、
楽しみに繋がるものであるからこそ価値が生まれるのだと感じます。


親の遺品は、
思い出の品も多いですが、
それを思い出すことで、自分が幸せになれるものを、
少しだけ持っていれば良いのかもしれません。
だから、
ぐずぐずしていないで、
とっとと片付けて、
スッキリさせなさい!!!

と、
なかなか動き出さない自分に、
活!を入れて、
そろそろ本格的に片付けてしまいたいと思います。


ふうっ。

頑張れ、自分!



野口花琉実でした


 
この度の台風で、被災された方々には、
心よりお見舞い申し上げます。
そして一日も早く落ち着いた生活に戻れますようお祈りいたします。
 
 
 
人間は、
自然の大きな力の前では、
どうすることもできないのだと、
また、改めて思うことになりました。
 
ありがたいことに、
我が家に被害はありませんでしたが、
暮らし方を考え直すキッカケになりました。
 
台風は大きなものが来ましたが、
地震への備えも見直したいと思います。
 
引っ越しを控えていることもあって、
我が家の片付けは徐々に進んでいます。
 
 
不用品は、だいたい無くなりました。
 
 
これからは、
その先の、
 
使えるけれど、使っていない物を厳選していく作業になります。
 
これは、かなり多いので、
 
何回にも分けて、判断していきます。
 
 
 
昨日は旦ちゃんに手伝ってもらい、
市のリサイクルショップに洋服などを持っていきました。
 
どれも、ほとんど着ていない新品に近いものばかりでした。
でも、
もうそんなに着ないと思うものを、
夫婦揃って手放しました。
 
 
 
まだまだ着ることはできます。
 
でも、
 
そんなに着ない
 
のです。
 
 
要するに、
 
あまり気に入っていない
 
とか、
 
着心地が良くない
 
とか、
 
痩せないと似合わない
 
とか、
 
何かしら、そんなに着ない理由があるのです。
 
だったら、我々が持っているよりも、
どなたかに活用していただいた方が幸せです。
そう判断できました。
 
更に、
先日買ったばかりの新品梱包を完全に解いていない物も手放しました。
アウトレットの通販で買いましたが、
想像とはちょっと違っていたのです。
完全に買い物の失敗ですえーん
 
1ヶ月ぐらい、何とか使えないものか?と
考えあぐねましたが、
無理して使っても楽しくありませんショボーン
 
むしろ見るたびに、
自分のお買い物の失敗を意識するばかりでハッピーではないので手放しました。
 
 
気持ちがちょっと楽になりましたキョロキョロ
 
 
まだまだ、
手放したら気持ちが楽になりそうな物がありそうです。
 
でも、
決心するのは、
ちょっと大変なんですよ。
 
高かった
とか、
まだ使える、きれい、傷んでない
とか、
思い出がある
とか。。。
 
 
でもねー、
引っ越し先の収納には限度があります。
 
だからといって、物に合わせて収納家具を増やしたくないのです。
狭くなるし、掃除が面倒になりますからえー
 
 
わたし、掃除が苦手なんです滝汗滝汗滝汗
 
 
 
ですから、
また、厳選していこうと思います。
結果として、気が楽になりますしね照れ
 
清々しい家にしたいなーと思ってます。
 
 
ということで、清々しい写真を選んでみました。
いや、むしろ、厳しい道のりの雰囲気かなゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
 
野口花琉実でした
 
 
今日もお越しいただきありがとうございますニコニコ


関東地方は、台風接近に備えて
異常事態となっています。
どうか被害などがでませんように、
祈るばかりです。

前回の台風で、大きな被害が出た千葉県。
今週は、その千葉県富津市にハンドケアのボランティアに行ってまいりました。

場所は胡蝶蘭を育てるAlon Alon オーキッドガーデン。こちらは、就労継続支援B型事業所です。




200坪もあるハウスで、
胡蝶蘭を育てています。



それが前回の台風の停電によって、
半日で蘭は全滅してしまいましたえーん
温度管理が重要な植物でしたので、
空調設備が稼働しないことは致命的だったようです。



この広ーい棚の上には、
本当は、たくさんの胡蝶蘭が並んでいるはずでしたショボーン


せっかく、手塩にかけて育てた花達がダメになるとは。

停電での被害は、
私達の想像を越えていました。

ハンドケアを受けに来てくださる方々と、もちろん被災者。
でも、皆さん、
口を揃えておっしゃいます。
「もっと大変な方々がたくさんいらっしゃるから」と。

いえいえ、
皆さん充分大変ですガーン



ハンドケアを行っていたので、
施術中の写真がこれしかありません。








この日セラピストは三名ですラブラブ



ハンドケアのボランティアを支えてくださっていた杉田さん(右側)も、埼玉県から車を出して、色々とボランティア活動をしてくださっていました。


災害の起きた直後は、
まずは支援物資や片付けをする労力などの助けが必要です。
そして、そういったことが少し落ち着いた頃、
精神的な疲労に対するケアは必要になるのだと思います。

皆さん、「気持ちがいい!」と。
そして、「緊張していたことに気がついた」とか、「何だか楽になった」とか。
喜んでくださいました。


ハンドケアが、
そういった心のケアに繋がることは言うまでもありません。

どうか、もっともっとハンドケアが広がって、
ボランティアのツールとしてたくさんの方々が活用できるようになればいいのにな、と、思いました。


ハンドケアの技術を学べる講座は全国で開催されています。


直営校やカルチャースクールなどで1日で理論と実践が身に付く講座です。

もっともっとたくさんの方々に広まりますように。


野口花琉実でした
本日もお越しいただきありがとうございますチュー   

すでに今年も9ヶ月が過ぎました。
2019年も残りあと約3ヶ月。
あっという間に2020年になっていそうですびっくり

今年は、母の看とりから始まり、
変化の一年になりそうですびっくり



日々の生活でも、細かな変化は常に起こっていて、
それは、勝手に起こっているように感じても、
実は、自分の行っている小さな選択の積み重ねが起こしている変化なんですよね。


それに気がついてから、
日々の選択を意識をするようになり、
ほとんどのことは自分が起こしていることだと、
だいぶ受け入れられるようになってきました。


そうなると、
望む方向へ向うような選択をすればいいことが分かってきます。

しかし、これが、
意外と難しいものだというのも、重ねて気づきました。




いつもと違う選択をしたいという願望はあるのに、勇気がなくて出来ない。
ということがよくあるのです。


今まで慣れ親しんだ選択を変えるというのは、
結構怖い。
更に、慣れていないことは面倒でもあるのです。


例えば、
朝食はバターたっぷりなトーストとコーヒーが定番になっていたけれど、
健康的な朝食にしたいと思いスムージーを飲もうとします。

そうなると、ブレンダーなどの機械を購入しなければなりません。
そして、野菜や果物も。
作る時には、野菜を洗い、果物の皮をむいたりカットしたり。
手間が増えますね。

良いと分かっていても、
やりたいと思っていても、
ついつい慣れた方を選んでしまうことはよくあることだと思います。

もちろん私もそういうことばかりです。
駅までバスではなく、歩けば体に良い。
道路の渋滞で電車に乗り遅れることもなく、
わざわざ帰宅してからランニングをしなくても、適度な運動になります。


でも、でも、

面倒くさーーい。

と、

わかっちゃいるけど、やめられなーい!
ということだらけ。


しかし、自分の中で、
本当にやりたい❗と思うことなら、
ずっとそれを思い続けているのなら、
段々と、そちらの方向に、
意識や環境が変化してくるなと感じていました。


そして、それは、
まるで何かの不思議な力が働いて、そうなったみたいに感じますが、
実は自分が、ちっちゃいちっちゃい選択をしながら、
そちらに向かわせているのだと、
なんとなく理解したのでした。


よくある引き寄せの法則というのも、
『引き寄せ』だけに、自分の発信ですよね爆笑



ただ、
大まかな所は理解というか腑に落ちたのですが、
病気とか事故とかについては、
分かりません。
そんなものを望んで引き寄せる人なんていませんよね。


私は過去に、
何度も病気をして、
何度も事故に遭い、
何度も怪我をしています。

そうなったのは、
自分の不注意だったり、
休みたかったからだったり、
不摂生だったりと、
理由がわかっていますし、
事故で少し後遺症か残った以外は、それほど大したことではなかったので自分で引き寄せたのだと思います。


でも、
世の中にたくさんある、もっと色々なケースについては、まだよく分かりません。


とにかく、
ある程度は、日々の小さな小さな選択の積み重ねで、どうにかなるということが、
何だかスコーンと腑に落ちたので、
日々の選択を意識するようになりました。


全て、理想的にはいきませんが、
まずは、
意識するところから。

意識してみると、
様々な選択が見えてきて面白いです。
さて、今日は何を食べようかしら。
昨夜の残りのおかずとご飯。
あ、パンもそろそろ食べきりたいけど、新鮮じゃないからフレンチトーストにしようかな。。。


今日も、なりたい自分になれるような選択をしてみようと思います。




(写真は本文とは関係はありません。
   単なるイメージです。)

野口花琉実でした


本日も、お越しいただきありがとうございますえーん

 
今日は、ちょっと淋しい気持ちでブログを書いています。
 
私の地元にあるデパート 伊勢丹府中店が、
本日をもちまして閉店ですショボーン  
 
 
 
 
昨日は靴と食品を買い、
今日もまた銀行のついでに覗いてしまいました。
 
セールには興味ないけど、
やっぱり淋しい~
 
と、思っていたら、
何だかサングラスが目にはいって、
何だか試着しちゃったりして。ゲラゲラ
 
ちょうどサングラスが一つダメになり
欲しいと思っていたところだったのです。
 
いくつか試着してみて、
2つが候補になったのですが決められずにいたら、
店員さんが声をかけてくれて、
選んでくれました。
 
具体的に3つの理由を挙げて、
片方に決めてくれました。
 
 
その方と会話をしていて、
私が
「今日でなくなってしまうなんて、とても残念です。」と言うと、
 
 
『いままであったものが無くなるのは、
淋しいですね。。。』    
 
 と。
 
 
 
なんて素敵なお声がけだろうと思いました。照れ
 
 
そして、サングラスのサイズ調整やら、
お手入れをしてくれて、
『また一年ぐらいでユルくなるかもしれませんので、
そうなったら、伊勢丹新宿店か、立川店にお持ちください。
すぐに調整いたしますから。』と。
 
 
府中店が無くなっても心配しないでね。”
という心配りの発言でしょう。
 
 
更に会話をしていると、その方は立川店からのヘルプだそうです。
 
もう、断然立川店に行きますよ!!!!ぶちゅー
 
 
 

(お客様からの寄せ書きです。 読んでいると泣いちゃいそうえーん
 
伊勢丹府中店は、両親もよく利用していて
なんとなく思い出深いデパートでしたので、
とても淋しい気持ちで最終日に訪れたのですが、
こんな会話をしていたら、
『立川店に行こう!!!』
と、ちょっと明るい気持ちになりました。
 
 
クローズの瞬間には、泣いちゃいそうなので立ち会いませんでしたが、
時代の流れなので仕方がないことなのでしょうねえーん
 
 
 
 
私も買い物は殆どネットショップなのですが、
フィッティングやメンテナンスの必要なものは、
プロがいるお店の対面販売で購入する方が良いと、
改めて思いました。
 
 
これからは、通販のメリット、対面販売のメリットを考えて、
自分が本当に気に入った物だけを購入するようにしたいと思います。
 
 
今日は行って良かったです。
サングラス売り場の田中さんのおかげで、素敵なサングラスが選べましたし、
淋しいだけではなくて、ちょっと暖かいい気持ちになれました。
大混雑の中、素敵な接客をありがとうございましたラブラブラブ
 
 
野口花琉実でした
 
 

本日も、お越しいただきありがとうございます照れ

 
 
今日の朝、少し遅めの出勤時の出来事です。
 
自宅から電車の最寄り駅まではバスを利用していますが、
同じ停留所から乗った大学生ぐらいの男の子。
1つだけ空いていた優先席に座りました。
 
そして次の停留所で、かなりの高齢な男性1名女性3名が乗ってきました。
4名とも、ずっと昔に80歳を越えた感じゲッソリゲッソリゲッソリゲッソリ
 
バスの座席は満席ですガーン
 
すると、
座っていた方々が次々に立って、お婆ちゃん3名は無事に着席。
席を譲ったお一人の女性は、
 
正直な感想としては、
 
 
 
あなたが譲る!?
 
 
という感じのご高齢でしたが、
譲られた方は杖をついて、とても危なっかしい感じでしたので、まあ仕方ないかという感じ。
 
 
そして、男性は、あの若者が譲ってるはず、
 
と、見てみたら、
 
 
 
ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン
 
 
おじいちゃんが、若者の前で、
手すりにしがみついて立っているというのに、
知らん顔。
 
 
ムキームキームキームキームキームキームキームキー
 
 
 
立てー!
 
という
念を込めて、
思いっきり睨みつけましたが、
こちらを見るも無視ムキーッ
 
このヤロー!!!
 
このガキーー!!!
 
(↑ 心の声ですアセアセ)
 
 
 
 
耐えきれずに、
 
 
⬇️ 声に出して言いましたイラッ
 
 
『君、きみ! そこ優先席だよね。席、譲ったら?』ムキームキームキー
 
 
と、
 
言ってしまいましたプンプン
 
 
そうしたら、やっと立ちましたよ。
 
 
もう、頭にくるームキー
私が声をかけなければ、
彼は立たなかったでしょう。
 
 
 
もちろん若くても、怪我をしていたり、
体調悪くて座っている方もいるでしょうから、
そういう場合は仕方ないです。
 
 
でも私は、
同じ停留所から乗る前に、彼が音楽聴きながら、軽やかに歩いて来るのを見ていますからグラサン
 
どこをどう比べても、
おじいちゃんが座った方が自然です。
 
 
なんか、
口うるさいお節介ババアみたいですが、
きっとこれからも、
乗り物などで目に余るようなことがあったら、
言っちゃいそうな気がします。
 
でも、
逆ギレされないように、気をつけなきゃ。
相手を見てという感じになりますね。
 
あと、大きな反省か1つ。
私は、席を譲らない彼に怒り、
その感情のまま声をかけてしまいましたが、
そこは言い方を考えるべきでした。
もっと冷静に、ユーモアを交えて声をかければ良かったなーと。
 
たとえば、
『おにいちゃん、若いねー。ここで席を譲ったら、カッコいいと思うよニコニコ
 
そして、立ってくれたら、
 
『ありがとっ!ウインク
 
てね。キラキラ
 
 
私自身が心に余裕を持つようにします照れ照れ照れ
 
人にも、動物にも、優しい社会になって欲しいなー
 
 
野口花流実でした
 
 
 
 
 
今日もお越しいただき、ありがとうございますニコニコ

先日、ワクワクする仲間達と
仕事の打合せをしたいて、
これからは「チーム力が大切」だという話しになりました。

私のように、サラリーマンを辞めてから
一人でずっと活動してきて、
サロンを始めてからは、
まるで家族のように信頼できる相棒ができましたが、彼女と二人だけです。
チームで何かをやるというのは、
全く新しい感覚でした。

それは、会社の経営みたいに、
上司と部下というのではなく、
対等な関係。
それぞれが個性を持ったスペシャリストで、
そのスペシャリストが繋がっていく感じ。

私にとっては、とても新しい感覚です。

そうするメリットは、

幅が広がる
世界が広がる
得意なことに集中できる
苦手なことは他の人に任せる

これは、サラリーマンには当てはまらない考え方なのかしら?

いや、そんなことはないですね。
でも、私は苦手だったなー。
全部自分でやりたかった。
そういう人。
任せられない。
変なこだわりがある。

部下はやりずらかったでしょうね。
いまさらですが、反省ショボーンショボーンショボーン


そんな性格だから、独立してやりやすかったです。
ある意味、全部自分でやらなければならないから。


でも、時代は変わり、
私も成長しました。


これからは、
任せたり、
協力しあったり、
少しずつ仕事のやり方を変えていく時期かもしれません。


まだ、新しいことを始めるほど具体的にはなっていませんが、
世の中に、もっと自分のスキルを生かたいと模索中です。

もちろん、サロンはメインの仕事ですチュー
これは、天職だと思いますので。


あ、ちなみに、
ハーバリウムのディフューザーは
出来るようになりましたウシシ
物作りは思ったよりも好きかもしれません。

習いたい方は、
お声がけくださーいニコニコ
自分で作るのが楽しいですよウインク


野口花琉実でした

本日もお越しいただきありがとうございます照れ

 

また、台風が近づいているようで、

被害が出ないことを祈るばかりです。

私達人間は、自然界の中で生きている小さな動物の一種。

それを思い知らされる気候が続いています。

被害に遭われた方々には、心よりお見舞申し上げます。

 

 

さて、そんなちっぽけな動物の私。

様々な文明の利器を使い便利な日常に埋没していますが、

先日スマホが壊れてしまいとても不便な時間を過ごしました。

復活するまで二日間。

スマホがないことの不便さ、そして不安感を感じて、

どれほどスマホに依存して生きているかを思い知らされました。

 

 

パソコンは家でしか使えない設定ですので、

家を出てしまったら、連絡手段がまったくありません。

仕事上の連絡ができず、大変困りました。

 

私の仕事は日々場所も内容も違いますので、

行動がパターン化されていません。

まさに、スマホを頼りに様々な方々との連絡を行っています。

本当に、困りました。

 

 

時間をやりくりして、何とかスマホを手に入れ設定を行いましたが、

バックアップをとってない情報もかなりあって、

消えてしまったものが多数ありました。

 

写真も6月までのものしかバックアップしておらずに消えましたえーんえーんえーん

ラインもガーンガーンガーン

もう、消えたものは仕方ありません。

きっと、断捨離した方が良かったのだと考えて諦めます。

 

 

そして、二つのことを学びました。

 

 

◎大切な物はバックアップをしっかりとっておく。

◎慌てて行動しない。

 

 

はい、壊れた原因は、私がスマホを落したからですショボーン

 

慌てて家を出て、走って道路を渡っていた時に、

開いたままのバックからスマホが飛び出して道路に落ちました。

そこで、走っていた私は落ちたスマホを蹴飛ばしてしまったのです。

 

信号機のない横断歩道の真ん中で、

車が止まってくれていて、歩行者も2名ほどいて、

皆さんが、私のスマホの行方をしっかりと見ていましたポーンポーンポーン

 

 

あ!!! スマホが落ちた!!!!

 

あ! 蹴っ飛ばした!!!

 

 

 

 

という感じだったと思います。

吹っ飛んでいったスマホを慌てて拾い上げて道路を渡りました滝汗滝汗滝汗

 

 

ケースは壊れていたものの、本体への影響はないように見えたのですが、

結局電源が入らなくなりました。

 

 

 

自業自得です。

自分が怪我をしない代わりに、スマホが壊れてくれたのだと思います。

 

これは、神様からの警告。

 

 

そんなに慌てなさんな!

 

ゆとりを持って行動しなさい!

 

 

 

そういうことだと思います。

 

 

本当に、気をつけたいと思います。

 

 

きっと皆さんは、

私のようなバタバタした生活は送っていないと思いますが、

 

忙しすぎる時

心に余裕がない時

疲労がたまっている時、等、

怪我や事故が起こりやすいと思いますので、

どうか、気を付けてくださいませ。

 

 

もちろん、一番気をつけなればいけないのは、

私ですえーん

 

 

 
今日の写真は、
『立ち止まって、こんなお花を愛でる余裕を!』
 
と、いうタイトルにします笑い泣き
 

 

野口花琉実でした

 

 

 

今日も、ご覧いただきありがとうございますおねがい

だいぶ涼しくなり、空気も秋の雰囲気になってきました。
今年は夏が短かったような気がします。

さて、
前回のブログに書いた『感動』について、
ちょうどイチローさんがスピーチで、
素敵なことを言っていました。



自分に誇れるものがあるとしたら、
「毎日、同じ情熱を持ち続けることがでかたこと」だと。



まさに、これだと思います。


初めと同じ情熱を持って練習や試合に臨む、
毎日、毎日、
最後の日までずっと。


そういった心のあり方が『感動』を生むのだと思うのです。


同じことを繰り返すことで、
熟練し技術力は向上していきますが、
それに比例するように、
「慣れ」や「飽き」が生じることがあります。

そうなると、
観客に伝わってしまいます。

それを分かっているイチローさんは、
『情熱』を持ち続けるために、
きっと様々な努力をしたことでしょう。

その極意があるとしたら、
伺いたいです。

そして、この心の持ち方は、
プロスポーツに限ってのことではないと思うのです。
どのような仕事においても言えることだと。

たとえば、教育現場でも。
私も大學などで講師をしていますが、
何年もやっていると講義の内容はある程度パターン化されてきます。
慣れることもできるのです。
しかし、慣れの上に胡座をかくと、良い講義はできません。


私は幸いなことに?緊張しやすい性格なので、
いつも仕事の時は必死です。

毎回毎回受講生さんは違うの で、
その方々に合うように、その場その場で話し方を微調整することに神経を使います。
反応を見ながら、内容や順番も調整するので、慣れることはありません。


そして、
サロンでの仕事も同じです。


トリートメントの時は、
その日のお客様の状態を、
会話や触れた感覚から感じとり、
マッサージの内容を変えていくので、
やはり瞬間瞬間が真剣勝負です。


仕事においては、
慣れは存在しないですし、
好きな仕事をしていますので、
情熱も持ち続けています。

これは、ある意味
すごく恵まれていることだと思っています。
緊張しやすい性格というのも、
長所としてとらえることができますね滝汗


ただ、
毎日全力疾走なので、
すっごく疲れますけれど笑い泣き笑い泣き笑い泣き




でも、今はこれが私に合った生き方だと思いますので、
このまま、もうしぼらくは行こうと思います。

ありがたいことに、
様々な講座でのアンケートも、
貴重なご意見と共に、
好評価をいただいています。
感謝を感じずにはいられません。


ありがたいなーラブ
嬉しいなールンルン


そして、こんな風にブログに書くことで、
ありがたさを再確認できました。

うっっ笑い泣き
本当にありがたいです笑い泣き


今日も一日、緊張しながらですが、
全力疾走したいと思います。


最後に、超お気に入りの写真を。
この写真を見ると、元気になりますニコニコ


   (撮影は福岡のむっちゃん)


最後まで読んでくださって、
ありがとうございますラブ


野口花琉実でした