先月、高校生向けの講演をさせていただきました。

 

一昨年、高校生の保護者の方向けに登壇してから、

私の都合がなかなか合わず、教育機関向けは久しぶりの講演です。

 

 

講演といっても、大規模でないのなら

気張ったものでなく、

生徒たちとの距離も近いことを活かして、

座談会のような形式でもよいのではないか。

 

「何を話そうか」もさることながら、

どんな装いだと身近に感じて、スムーズに話を聞いたり、

今はわからないにしても心の奥に引っかかったり、

自身のこととして考えてもらうことが出来るのだろうか。

 

彼・彼女達の考えていることを知りたい気持ちと、

何に興味を持ち、何を知りたいと考えていたり、

何がそれらを呼び覚ますきっかけになるのか。

 

 

一方で、私がこれまで生きてきて「これをまず知ってほしい」ということを伝えるには、どうしたら押しつけがましくもなく自然な形で届けることが出来るんだろうか。

 

などなど、

 

これまでの株式投資に関するセミナーとはまた違うワクワクを感じていました。

 

 

そんなドキドキとワクワクを胸に、15cmのピンヒールで立たせていただきました。(気合っ!)

 

 

今回は、

 

ゼロ高さまの生徒達向けの講演・・・

 

というか、

 

「生徒達と講演してきた」

 

という言葉の方がふさわしいような一体感のある素敵な時間でした音譜

 

ゼロ高は、広域性通信制高校の鹿島山北高等学校と教育連携しており、それにより、高校卒業資格の取得が可能となります。

 

ですから、お話も講堂や教室ではなく会議室で行いました。

 

 

雨の中、パソコンややたら大きい差し入れ、履き替える靴などで手一杯で到着です。

 

 

さて、

 

 

お話タイムに入りますひらめき電球

 

image

 

初めは、お金の使い方や振り分けから。

 

皆さんだったらどうするか、具体的に沢山の方に答えていただきました。

 

そこから派生して控除率や、インフレの話も添えましたね。

 

image

 

当日は、青森県や、秋田県、佐渡島など、

わざわざ当講演を聞くために上京してくださったと聞いて、

とても嬉しかったです!!(東京楽しんでいったかな?ウインク

(一番遠いところから来たのは私だけどニヤリふふ♡)

 

 

image

 


凄い…

みんなの真剣な眼差し100%✨


聞く気満々なのが伝わってきます😍



また、オンラインでも参加してくださった皆様もありがとうございました音譜

思ったよりも深く投資の話もしましたね。

 

 

今回はお時間がたっぷりあったので、後半は一人一人の自己紹介を聞いたり

質問にも答えることが出来ました。

 

 

今回、ゼロ校生たちと同じ時間を共有させていただいて、

 

・スマートさ(賢い)

・リサーチ&行動力

・自分を知り表現する、個性

 

この3つを強く感じました。

 

 

15,16歳で事業をスタートさせている人もいれば、

FXに取り組んでいる人、

自分は田舎にいて、その環境とは合わないから親を説得してゼロ高を選んだという人、

私はこれが好きでこれをやっていきたいという人、

研究者を目指しているけど日本は予算が足りない、自分がやりたいことをするためにゼロ高を選んだという人、

 

様々な選択理由ですが、

自分の向き不向きを知っていて、意見を発するのが上手いなと感じました。

 

講演後も歩きながらも、講演中にあまり絡めなかった子たちに、

「どうだったー?」と聞くと、

「為替を考えたことがなかったから難しかったのもあったよ」と教えてくれたり、

「どんな話が聞きたかった?」と聞くと、

 

「簡単に儲かる話が聞きたかった」と。

 

あはは

なるほど、なるほど。笑い泣き

 

では、今答えるね。

 

「簡単に儲かったお金は、簡単に手から零れ落ちるよ。

 今日の講演でも、自分の器以上のお金は手元に残らないという話をしたよね?」

と具体例を列挙したりと。

 

真っすぐに話して、沢山笑って、楽しい時間でした。

 

今の高校生や代表の内藤さん、サポーターの方々との距離の近いやりとりを見ていて

大人とこういう関係が築ける場所があることはとても有益だなぁと感じました。

 

思ったことを口に出せる。

誰かに相談できる。

 

そういう場が増えると、世の中はもっと良くなる。

 

 

高校生たち、

素直で伸び伸びしていて、本当にみんな可愛かったですラブラブ

 

 

素敵な時間と機会をありがとうございましたひらめき電球

 

 

高校生、大学生、新社会人向けなどの講演もこれから増やしていければと思いますニコニコ