こんなジェンダーな時代に死語かと思われる”女正月”

 

”おんなしょうがつ”と言い、俳句の世界では”めしょうがつ”と

読んだりするそうです。

 

そう、昔の細君たちは大晦日からお正月まで

あれやこれやのお正月準備やらお年始対応など

今のように、のんびりとしたお正月なんて過ごせなかったんですよね。

(のんびりしてるのは、私だけか(^-^;)

 

それで小正月の1月15日を女正月といって

細君たちが着飾って、お芝居とかを楽しみに出かけたんだそうです。

 

地方によっては、1月16日から女正月ってところもあるみたいね。

 

そんな”女正月”という季語を学んだ寄り道句会始めが15日にありましたよ。

 

お正月なんで、句会の女子たちは着物なんぞ着て集まりました。

夏井先生もいつもテレビでは着物だから

俳句と着物はつながるのかなあと思ったりしました。

 

着物は華やかでよいですね。

寄り道句会の細君たち、句会で女正月を楽しみましたよ。

 

今は、女性のほうが行動力ある感じだし

女正月じゃなくても、どんどんお出かけできる時代~

お出かけしずらい細君は、”女正月”といって

おおいばりでお出かけくださいませね。。。

 

そうそう、昔も今も女房どのがお出かけすると

面白くない顔をする亭主が多いのは変わらんかもね(*`艸´)

着物は昔、お茶を習っていた頃のを引っ張り出し・・・

着物の色に顔がついていかなくてびっくりだわ・・・

それもそのはず、30年以上経ってるものもあるし・・・

もうピンクの着物は似合わないよと

鏡の前の自分に言う自分がおりました。。。

 

女正月、しばらく楽しみたいと思います(笑)

 

寄り道句会も俳句を一緒に楽しみたい方、

いつでもウェルカムです。

月イチ句会やっております。。。