以前、ボルネオ保全トラストの坪内先生をおよびして開いた

「私たちの生活とボルネオの森」の講演会から、なんと8年もたっていました。

 

”私たちの小さな暮らしが繋がるところ”と題し、

10月9日(火)18時からコモレビで開催します!

 

下川町の2030年のありたい姿の目標にもなっている

「子どもたちにどんな未来を残すのか」ということを根っこに

みんなで今の暮らしをみつめなおしてみたいなあと思います。。。

 

当時の瀬川ヨッシー実行委員長の呼びかけに、

前実行委員プラス新スタッフでコンパクトに準備中~

 

SDGsのゴールもポスターにのせてみましたよ。

ゴール1:貧困をなくそう

ゴール12:つくる責任つかう責任

ゴール13:気象変動に具体的対策を

ゴール14:海の豊かさを守ろう

ゴール15:陸の豊かさも守ろう

ゴール17:パートナーシップで目標を達成しよう

 

坪内先生は獣医さんで、ボルネオのジャングルで暮らす動物たちの森が

人の手によって破壊され、住むところがなくなっていく現状を伝えてくれています。

さらに、森の保全活動などもしています。

旭山動物園の坂東園長さんとも、一緒に活動している番組も以前やっていました。

 

坪内先生、野生動物だけじゃなく、ペットの健康や終末医療、

殺処分ゼロの活動にも取り組んでるそうです。

日本トラウムハイム協会

化学物質が入った消臭スプレーとか、人間だけじゃなく

やっぱりペットにも害があるんだそうです。。。

 

8年前、とても真剣にみんなで考えていたのに・・・

この度の地震と停電で改めて自分の暮らしを見つめなおしました・・・反省しきり

 

ボルネオの森で起こっていることは、毎日の私たちの生活とつながってること

再確認したいと思います。

 

ぜひぜひ、一緒に子どもたちと動物たちの未来について考えましょう~!

 

 

下川町のマイプランマイスタディ事業と持続可能な取り組みに対する後援をいただいております。