アロマ交流会

テーマ:

朝日町のちいきしげん座談会から一足飛びで、共立日和へと道道朝日線を

ぶっ飛ばすミトッシーと私も、アロマ座談会に間に合いました~

 

IMSIの学院長 冨野令子さんはこれまでにも何度か下川町に来ています。

6年前に下川町に来た時に受講したアロマ講座にも参加しました。

オイルやアロマボールを使ったマッサージを参加者同志で体験が気持ちよかった~

 

今回は、冨野さんの師匠のガブリエル・モージェイ氏がイギリスから来てくれました。

なんと、イギリス-東京-下川というハードな旅プラスアクシデント付きの

大変な旅だったそうです。

 

ガブリエル氏は、冨野さんの師匠でもありアロマ界の巨匠だそうで、

日本の多くのアロマセラピストたちもイギリスに学びに行くのだそうです。

 

そんなアロマ界の大御所がフプの森を訪れるというので、

フプスタッフたちの粋な計らいで、下川町内の”アロマ業界関係者”が共立日和に集結しました。

 

あ、私、アロマカンケーシャじゃないけどフプ愛用者として潜入です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

ガブリエル先生は、アロマテラピーだけではなく、東洋医学にも精通されているそうです。

冨野さんもガブリエル先生も自然療法に鍼灸師、アロマやリフレクソロジーと

極めまくっているのであります。

 

冨野さんが通訳をしてくれたのでリアルタイムで、ガブリエル先生の説明が理解できました。

(ほんとか?)

でも、今回の参加者の約3分の1の人は英会話オッケーという

インターナショナルな人が多かったですねえ。

 

それにしても、小さな町にアロマでつながる人達がこんなにいるとは驚きです。

しかも、トドマツやハーブを蒸留している会社が2軒もあるんですからね。

 

アロマや薬草のほかに、カイロプラクターやリンパマッサージ、鍼灸師、アロマを愛するパティシエや薬草研究家に、アロマな雑貨店主などが参加。

同じ町にいても知るきっかけがなかった者同士が出会う機会にもなりました。

 

ガブリエル先生のお話のあとは、それぞれ名刺交換やショップカードを渡したりと

女性起業家たちのビジネス交流会のような雰囲気~( ´艸`)

かっちょえーキラキラ

 

食事中も会話がとぎれることなく、ゆったりと楽しい時間が過ぎました。

 

アテネファームのフルーツトマトとジュレのカプレーゼ

 

お肉のやわらかさとピクルスの野菜の固さが絶妙

 

カニのジュレに、みんなコーフン

 

 

野菜の下にはパスタが隠れていました。

いつもパスタの塩あんばいに感動~

 

下川産の野菜たちがおいしいわ~

新鮮なものが手に入る季節はありがたいですね

 

 

これは?と思ったら、減量特別メニューでした

 

私も減量メニュー必要と思われましたが、豪華デザートいただきました。

ソーリー工房のカモミールを使ったココナッツのムースに悶絶・・・

 

ガブリエル先生がとっても優しくて、気づかいの英国紳士でした。

今回、お話会がスムーズに進行するようにと、フプスタッフが参加者の事前情報と

ガブリエル先生への質問を英訳して、渡しておいてくれました。

 

そのひとつひとつにていねいに答えてくれたガブリエル先生

懐ふかい、とってもあったかい人柄を感じたのは私だけではなかったと思います。

 

今年起業した株式会社SORRY KOUBOUの山田小松のふたりも奮闘中。

みなさん、よろしくお願いしますね。

 

町内にあるフレペにもソーリー工房のカモミールオイルや石鹸

グリセリンも売っていたので手作りしたい人にはうれしいね。

 

フプの森の製品もラインナップ

その他の精油やハーブティーなんかも種類豊富に扱っていますよ。

下川町が手延べ麺、アイスキャンドルに次いで、アロマの町になるのもそお遠くなさそうね。

 

町内に潜在しているであろう、アロマ好きの輪をゆるやかに広げたいねと

今後、またこうゆう機会を持ちたいねえと話していました。

ガブリエル先生も下川が気に入ってくれてみたいだし、次回は冬の下川に

チャレンジしてほしいです~

 

フプのみなさんもありがとうございました~

 

そして、

共立のお花やハーブがドライフラワーに~

こんな手豆な作業はいったい誰が・・・・

 

と、思っていたらシェフ、女子力も磨いているようで。。。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

フランス料理の繊細さがあらわれていますね。。。