輝く人の自己承認のかたち | 中村治輝 公式ブログ  

中村治輝 公式ブログ  

あなたらしさへの招待状


テーマ:
$中村治輝 公式ブログ  -ipodfile.jpg


「社会的に活躍して輝いている人は、セルフイメージが高い。」
そんな話を聞いた事があるかもしれません。

今回はセルフイメージを高めるセルフコミュニケーションの話です。


こないだ僕は、世界的にもファンの多い大物ライフスタイル・プロデューサーの方にプライベートでお会いする機会がありました。(全ては友人のTAKUMAの出会い力のおかげです。感謝です!)
直接本人からその世界規模の仕事やライフスタイルのお話を聞いていると、空気からその人の輝きが伝わってくるのを感じました。僕の人生にまで変化を与えるほどの影響力を肌で感じた瞬間でした。

さらに、友人であり目標にしている人の一人でもあるショップのオーナーAさんのギャラリーにも最近遊びに行きました。その場所は隅々まで気がゆき届いていることを感じる事ができます。
その上質な空間は僕のビジネスパートナーのセルフイメージにまで好影響を与えたのです。

自分らしく輝いている人の生き方に触れる事は、自分の人生にとっても良い影響を受けます。
それは今までも何回も感じた実感です。 
そんな方達に共通していえる事は、「健全に高いセルフイメージを持っている」という事です。

健全なセルフイメージを持つにはどうしたら良いのか?それについて、今までも自分なりに研究してきましたが、納得のいく答えは得れていませんでした。
でも今回、一つのインスピレーションを得る事が出来ました。

輝いている人達の気持ちの良いセルフイメージから感じる印象は、
「自信はあるのに、それを無理に認めさせようとしない」
他人の承認に感謝はしても、それほど必要としていない。そんな印象を受けます。

そこでの気づきは、自分らしく輝いている人たちは、
セルフコミュニケーションの中で、自己承認がきちんとできている。
そう感じるのです。

今回感じたインスピレーションは、この自己承認のかたちについてです。

自分らしく輝くためには、自己承認が必要ということも多くの方が感覚的に知っているかもしれません。
でも、実際にできている人は少ないのではないかと感じています。

自己承認とは簡単に言えば、自分で自分自身のことを認める事ですね。
でも今回は、人生をさらに輝かせるための自己承認を見ていきます。

今回感じた自己承認は2種類あります。

1つ目、「自分のありのままを受け入れること。」

これは、自分の全ての側面を許して受容する事だと感じます。
例えば、何かに失敗しても自分を責めたりしません。ただ失敗した現実だけを受け止めます。そのためセルフイメージが下がらずに、健全な問題意識だけを持つことができます。

そして、この時にポイントがあると感じています。
それは、この時無意識に自分を責めたくなるという事です。それを自分で意識できる事が大切なのです。意識できた事は再選択する事ができるからです。
この種類の自己承認が進むと、クリエイティブな活動がしやすくなることにつながります。人生もクリエイティブな活動です。だから重要ですね。

ここでよく、自分に甘くする事とは違うのか?と質問される事がありますが、問題そのものから目をそらす訳ではありません。問題意識を持つことが、イコール自分を責める事にはつながらない。ということです。そもそも、自分を無意識で責めているから、問題を直視したくなくなる事につながっていたりします。

しかし、普通は子供の頃からたくさんの事で、自分を責め続けて生きています。だから、どこかのタイミングで自分を許す、自分に許してもらう事が大切だと感じています。
このことについては、僕自身も以前から実感していますし、いろんな本にも書かれているので、多くの人がすでに実感している事だと思います。


そして、次の2つ目が今回僕がふに落ちた事です。

2つ目、「自分の事をめいいっぱい喜ばせること。」

これが普通の生き方と、自分らしく輝く生き方の違いを作ると感じました。
言い換えれば、「自分自身を魅了する事」だと思います。

意識の高い人は、1つ目の自己承認をセルフコミュニケーションの中できちんと進めています。そういう方は感情的バランスの良い人だという印象を受けます。それだけでも十分素晴らしいと感じますし、魅力的で幸福な人だと思います。
でも、さらに人生を自分らしく輝やかせている方は、それだけでは無い何かを感じていました。

それが、この2つ目の自己承認です。
自分を喜ばせるとは、自分が本質的に望んでいることに耳を傾けて、現実に実現させるよう積極的に取り組んでいる在り方だと感じます。
自分らしく輝いている人は、自分を喜ばせるために、物質的・感情的なリスクを負える人だと感じました。そのため他の人に比べて、自己信頼が増しているように感じます。
しかも、ただ喜ばせるだけでは無く、「めいいっぱい喜ばせる事」が自分自信を魅了する秘訣だと感じるのです。

感覚的に素直な方は、自然に自分を喜ばせるコツを知っています。でも、それをめいいっぱいやり続けている人は多くありません。かなり少ないと思います。
輝いている人は自分を喜ばせる事をやり続けて、自分が自分の生き方に魅了されているため、周りの人達も巻き込まれていくのだと思います。

しかし、自分らしい生き方とは、他の人が真似できない生き方です。
つまり前例が少ない生き方だから、常に未知のことへのチャレンジの連続です。
未知へのチャレンジは感情的なリスクの多い生き方のため、通常は怖くてとても進めないと感じてしまうのだと思います。だから自分らしく社会的にも輝いて生きている人は少ないのかもしれませんね。

自分の事をめいいっぱい喜ばせるにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、心が本当は求めている事に気づき、実行に移す事です。

・心から分かり合いたい人に、そのつど感謝の気持ちを伝えること。
・ずっとやりたいと思っている事のために、時間を作ること。
・はじめてのチャレンジに、楽しそうという理由で飛び込むこと。
・自分のために、お金と時間を投資すること。
・本当に望む人間関係を築くために、本音で関わり続けること。
 等々

心が嬉しいと感じる事に、自分の生命エネルギーを注ぐ。
こういう事の積み重ねだと思うのです。

正直なかなか簡単な事では無いかもしれませんが、人生一度きりです。

あなたは、そこまでやりたくない事に時間とエネルギー、お金などを注ぎ続ける人生。
それとも、自分のやりたい事にエネルギーを注ぎ続ける人生。
このどちらを日々選択しているでしょうか?そしてどちらが自分を喜ばせる選択だと感じますか?

もしかすると、3つ目の選択として、本当にやりたい事に徐々に注ぐエネルギーをシフトさせていく人生を選ぶ事もできるかもしれません。
今のあなたの選択が、すでにセルフコミュニケーションと自己承認の始まりなのです。
もし今、あなたが自分らしさを選べていないとしたら、自分の無意識の選択に気づき、本当に心が望む方を選び始めてみませんか?

僕自身も少しづつチャレンジしていこうと思います。

harukinakaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります