一般質問②「公民連携基本条例制定提案」編

テーマ:

登壇🎤

適切な公共施設マネジメントや公民連携事業を進めるためのPFIは公に勝る民のノウハウや資金を活用するものですが、時代が浅く、透明性や客観性の確保、評価基準の設定等まだまだ多くの課題があるのは歴然とした事実です。

公民連携事業の課題への対処として以下4点を提案致します。

①、これから起こり得る様々な対応に対処していくためには根拠が重要です。

背景、責務、役割、手続き、定義、評価、モニタリングといった項目を規定する条例が価値創造や便益を示す最大の真正性と考えます。

公民連携基本条例の制定を提案します。

※他の3つ、②モニタリング機関の設置、③事業者提案制度、④一元的マネジメントは後日。

 
答弁マイク
本市の公民連携事業は、国の「まち・ひと・しごと創生法」に基づき策定しました「大東市まち・ひと・しごと創生総合戦略」において基本方針を定め、それに基づき「公民連携事業指針」並びに「公民連携基本計画」を策定し、各プロジェクトを推進しております。
しかしながら、国においてもPFI法を超えた稼ぐ公民連携を規定致しました法令は現時点においてはございません。本市の公民連携事業を進めるにあたり、種々の問題も垣間見えることから、今後、独自の根拠法令などの制定が必要であると認識はしております。

【再質問】
必要であると認識しているということは、やるかやらないか。どちらか。

答弁マイク
先ほど国においても、稼ぐ公民連携においては法整備がなされていない領域と申し上げました。全国初の取り組みとなることから、関連法令との整理、運用の見直し、規定すべき項目の設定など広範囲に影響を及ぼすことが予測されます。
まずは課題の洗い出し、論点整理に着手して参ります。
流れ星所感
ある疑問点、公民連携って広すぎない??という着想から法がざるだらけだったので条例つくれば良いじゃんと思い質問。
着手ですから末永く良いものを共に作っていきたいという心持ちです🙋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご感想、ご意見はこちらまで❗
中村はるき 公式ホームページ
http://nakamura-haruki.net/

twitterアカウント
@nakamuraharuki1

ご相談、ご連絡はこちらまで⬇
nakamuraharuki@outlook.com
大東市議会議員 中村はるき
「政治に未来の声を。」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー