一般質問③府営住宅移管の評価指標は

テーマ:

なっ・・・なんと!一般質問🎤

中村はるき『府営住宅の移管に関して、9月議会において賛否両論となりました。

非難や反対意見には真摯に応える必要があります。移管が決定した大東深野住宅についてPDCAを回す期間を設定されていますが、何をもって次の移管ステップに進むのか、答弁を求めます』

 

答弁「平成30年4月1日の府営大東深野住宅の第1次移管後につきましては移管に伴う課題検証を適切に実施すると共に、具体のまちづくりへの活用を図っていく必要があると考えております。

検証を実施するにあたりましては、まちづくりへの活用が実施できているかどうか、住宅の管理上の課題はないか、住宅経営の財政上の課題はないかといった大きく3つの観点によりPDCAサイクルを実施する予定であり、評価指標につきましても、例えばまちづくりへの観点では、空室や空き駐車区画の有効活用の実施件数や新婚・子育て世帯の募集戸数などの定量的な評価指標の設定や、自治会へのヒアリング、アンケート等による定性的な評価指標の設定についても検討を進めて参ります。」

 

賛否が割れただけに賛成を主導した責任として、説明責任がありますので、気になることを聞きました。

なっ・・・なんと!定量的評価と定性的評価の組み合わせですが、定性的評価では単にアンケートなどの移管前と移管後の前後比較デザインだけなら数的根拠(エビデンス)とはなりません。

管理業者も府営のときと同じですし…

ましてそれを移管された住宅以外の市全体に広げようと思うと定性的評価の定量的評価が必要ではと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご感想、ご意見はこちらまで❗
中村はるき 公式ホームページ
http://nakamura-haruki.net/

twitterアカウント
@nakamuraharuki1

ご相談、ご連絡はこちらまで⬇
nakamuraharuki@outlook.com
大東市議会議員 中村はるき
「政治に未来の声を。」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー