昨日は、『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館!』(テレビ朝日)で、心理解説が放送になりました。

 

テーマは、「子供が靴を揃えたくなる心理」

 

言葉で言っても、なかなか揃えなかった子供でも、両方合わせると一つの絵になる絵柄の中敷きを使うと、靴を揃えるようになるとのことくつキラキラ*

 

www.tv-asahi.co.jp/hanataka/

 

人間には、秩序欲求(整理したい・正確にしたい)、構成欲求(まとまりのあるものにしたい、組み立てたい)、などの欲求があり、”おかしな状態のものは正したくなる”という傾向があります。

 

中敷きに絵があることで、靴が2つで一組という意識のまだ薄い子供にとっても、”バラバラだとおかしい”ということがわかりやすくなります。

 

揃えないとなんとなく気持ちが悪い⇒揃えるとスッキリする、という心理が働きやすくなるので、このような方法は、大変効果的だと考えられます。

 

 

因みに、人間の欲求に関する著名な研究者の一人、ヘンリー・マレーは、人間の欲求を臓器発生的な欲求13種類、心理的・社会的欲求を27種類に分類しました。

 

「マレーの欲求リスト」と呼ばれています。

 

心理的・社会的欲求は、以下の27種類です。

 

1謙虚、2達成、3獲得、4親和、5攻撃、6自律、7避難回避、8構成、9反発、10反作用、11防衛、12恭順、13支配、14顕示、15説明、16障害回避、17劣等回避、18養護、19秩序、20遊戯、21承認、22拒絶、23感性、24性、25模倣、26救援、27理解

 

これらの欲求の強弱には個人差も大きく、その人らしさに深く関係しているんですよ。

 

皆さんは、どの心理的・社会的欲求が強そうですか?

 

 

 

  晴香葉子 作家・心理学者・心理コンサルタント

最近の活動

ご依頼

 

★心のバランスを保ち、奇跡を呼ぶ

 

 

★青春文庫のロングセラー。心を良い状態に保つちょっとしたコツ

 

 

★4年目に入った悩み相談連載の書籍化。大切な人と良い関係を維持するために

 

 

★こんなはずじゃない……そう思ったとき