お知らせNEW!

10月14日新刊発売本

心を穏やかに、ベストなバランスを保ち、人生に奇跡を起こす簡単な方法 ←本当にとっても簡単です!

 

 

~コミュニケーションギャップ~

 

今週木曜日に、情報提供・心理解説を担当した番組が放送になりました。

 

『Rの法則』(NHK Eテレ)

テーマは、「あなたは大丈夫?ドン引きの恐怖」

 

放送の様子は、公式サイトに掲載されています。

http://www.nhk.or.jp/rhousoku/overcome-weak/13644.html

 

職場や学校など、所属するコミュニティ内の関係性で、また、恋人や配偶者、親しい友人との関係性であっても、お互いに望ましいと思うコミュニケーションには違いがあります。

 

価値観の相違やお互いの情報の不足、理解しようとする方法の不適切さや努力不足などによって、理解し合うべきコミュニケーションに食い違いが生じることをコミュニケーションギャップといいます。

 

番組でも一部紹介されましたが、相手が、こちらのコミュニケーションに違和感を抱き、引いてしまうと

 

・表情がかたまる(驚く)

・目が一瞬パッと開いてから、細目になる(いぶかしげに確認)

・きょろきょろと黒目が左右に動く(同じように違和感を抱いている仲間を探す)

・体を逸らしたり、一歩距離を置く(回避行動)

 

といった行動がみられます。

 
かつては、同じコミュニティに所属する集団では、同じようなコミュニケーションを好み、そこから外れる人は正されるという傾向がありましたが、人間の行動半径が広がり、生き方も多様化した現代社会では、好むコミュニケーションスタイルも多様化し、コミュニケーションギャップも起こりやすくなっています。
 
また、個人主義的で、人間関係の希薄さも目立つ昨今、「嫌だ!」とちょっとでも思えば、関係性を簡単に断ち切る人もいます。
 
仕事でも家庭でも、コミュニケーションギャップが起きたとき「あって当然のもの」と捉え、その上で、良好な関係性を維持できる力は、今後社会の生きやすさのポイントになっていくかもしれません。
 
どうせなら、傷つけあう人生ではなく、受け入れ合う人生を楽しく過ごしていきたいものです。
 
受け入れ合う感性や、その力を高める方法については、まもなく発売になる新刊の第5章「すれ違い」で、取り上げています。ぜひ、読んでみてください。
 

 

心を穏やかに、ベストなバランスを保ち、人生に奇跡を起こす簡単な方法 ←本当にとっても簡単です!

 

~『人生には、こうして奇跡が起きる』巻末の「エピローグ」より~

for happiness

 

 

AD