昨日は、土用の丑の日

は召し上がりましたか?

 

我が家は、1日遅れですが、今日のお昼に簡単に食べました。

“うなぎご飯とお寿司の盛り合わせ”

“舞茸とおかわかめの吸物”

“もずく酢”

 

主食・・・ご飯

主菜・・・鰻、穴子、玉子

副菜・・・舞茸、おかわかめ、もずく、ミョウガ、太巻きの中のキュウリ

 

うなぎご飯とお寿司の盛り合わせ”は、

盛り付けがポイントです!

スーパーで買ってきた、愛知県産の鰻重1人分と、

鰻と玉子の握りと穴子の巻き寿司を2人分に分けて盛り合わせました。

鰻重の鰻は、トースターで軽く温め、ご飯はレンジで温めました。

鰻のたれをかけると、たれの味が強くなってしまうので、

たれはかけずに、山椒とワサビでいただきました。

スーパーで買ってきたものでも、盛り付けを変えるだけで、

より一層おいしく見えますでしょウインク!?

 

鰻に脂が多いので、他は、油なしのサッパリメニューにしました。

 

舞茸とおかわかめの吸物”は、

鍋にだし汁と1口大にした舞茸を入れて沸かしたところに、

刻んだおかわかめを入れ、薄口しょうゆで味付けました。

最後に、刻んだゆずの皮をトッピング

 

もずく酢”は、

もずく酢に、刻んだミョウガをトッピングしました。

鰻のあぶら感を、お酢でサッパリ!

こちらの、プレミアムもずくは、とっても細くて食感が良く、

上品な味わいでオススメですニコ

 

は、栄養満点の食品で、滋養強壮食品として古くから知られています。

特に、疲労回復が期待されるビタミンAが豊富で、

蒲焼き1人分で1日必要量の3倍分も摂取できるほどです。

しかし、うなぎだけではビタミンCや食物繊維が足りないので、

他のメニューで組み入れることがオススメです!

 

今年は、8月6日(日)も土用の丑の日ですね!

鰻を食べて、厳しい夏を乗り切りましょう~ニコニコ音譜

 

管理栄養士

奧沢 陽香ヒマワリ

人気ブログランキング チャレンジしています。ワンクリックいただけたら嬉しいですクローバー

AD