観劇いろいろ | 小春日和

小春日和

何気ない日々の暮らし。


テーマ:
今週は、観劇ラッシュ!3日連続で観劇しております。

まず、一昨日は・・・

帝国劇場で上演中の「ラ・マンチャの男」。

いつか見たいとずっと思っていた作品、念願叶ってやっと初観劇でした。

昨年、「しあわせのタネ」で共演させていただいた上條恒彦さん、そしてタネ・三ツ星・更に遡ればミュージカル座等、とにかく沢山お世話になっているすーさんこと鈴木良一さんが出演されていました!




終演後、すーさんとニコニコ

拝見出来て良かったです。

もともとバレエの「ドン・キホーテ」が好きで子どもの頃から馴染みあるストーリーでしたが、役者さんも作品も素敵でした!
また再演されたら観たい!


そして、昨日は新国立劇場で上演中の「パッション」を。

個人的にはシルビア・グラブさんがとっても印象に残りました。
曲が、どれも難しそう!!


そして今日は、三波豊和さんご出演の森組芝居「或る日、或る時」という作品を座・高円寺にて観劇。

三波さんが歌われるのを生できちんと聴くのが初めてだということに気づきましたあせる

しかも小劇場だったので生声がダイレクトに飛んできて、歌声堪能させていただきました。

ラマンチャがスペイン、パッションがイタリアを舞台にした作品で、こちらはうって変わって昭和初期の日本のお話。

セットが小劇場とは思えないぐらい本格的で、一気に昭和にタイムスリップした気分でした。
三味線×三波さんのお歌×日舞、和の素敵な世界観でした。

最近食べ物ネタばかりな気がしていたので、芸術の秋も満喫してます!という報告でした(笑)

Haruさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス