会うたびに少し残念な気持ちになる ミー子(6年生)の担任の先生の話。




学期末の個人懇談で…


 

 

保護者の間では真面目で厳しいと言われている先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回、初めの2〜3分は真面目な話をするのですが…

 

 

 

 

 

いつの間にか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話が脱線してしまい、子どもとは全く関係の無い話に。

 

 

 

この日のテーマは…

【いかにして自分の善行(掃き掃除等)を相手に気付いてもらうか】

 

 

 

1 無駄に前を何度も往復してみる

 

 

 

 

2 わざと音を立ててみる

 

 

 

 

 

3 ドジっ子アピール

 

 

 

 

 

4 でっかい埃を頭につけて察してもらう

小田原先生…隣のクラスの先生

 

 

 

 

5 そっとメッセージを残す

 

 

 

 

 

6 カーリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懇談の15分間がいつもあっという間。

 

 

 

 

 

そして結局何の話をしていたかよく分からなくなる。

 

 

 

 

 

でも最後は真面目に締めます。

 

 

先生に会うたびに思うんです。

 

 

 

 

 

 

もし彼女と違うかたちで出会えていたら。

 

「教師と教え子の母親」という関係じゃなかったら。

 

 

 

 

 

激アツなマブダチになれたかもしれないって。

 

 

神さま、もし生まれ変われたら 彼女を私の人生に「幼馴染」か「高校の同級生」あたりでもう一度登場させて下さい。

 

 

 

 

 

良い子のみんな。掃除道具は正しく使おうね。真似しちゃダメだよ。ホウキの毛先ってすぐにガッサガサになるんだよ。

 

 

 

 

書籍発売中です☆

 

 

 

 

皆さま、今年一年ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。