プウ子の3歳児健診で心が救われた話。

 

 

 

うまれた時から体が小さめなプウ子。

 

3歳になった今でもやっぱり小柄で…

 

 

 

子どもの発育の大まかな目安である発育曲線に一度も入れた事がない。

 

 

 

 

 

他人から「小さい」と言われる事は日常茶飯事。

 

 

体の大きさなんて人それぞれ。

 

周りと比べても意味がないと頭では分かっていても、母親としてはやっぱり気になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

なので健診の問診票にその不安な気持ちを書きました。

 

 

 

 

 

 

そして3歳児健診当日。

 

終盤に行われる医師の診察で…

 

 

 

プウ子は歯科健診と衣服を脱がされた事でご機嫌斜め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つっこむベテラン保健師。

 

 

 

 

 

言い返す医師。

 

 

 

 

 

再びつっこむベテラン保健師。

 

 

 

 

 

言い返す医師。

 

 

 

 

 

医師の提案をちょっとバカにするベテラン保健師。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく納得しはじめるベテラン保健師。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プウ子は3度の飯よりシールが大好き。

 

 

 

 

 

 

心に寄り添ってもらえた気がする。あぁ。来てよかった3歳児健診。

 

 

母になって3度目の3歳児健診ではじめて母子手帳の正しい使い方を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書籍発売中です。

 

 

 

 

 

KADOKAWAさんの運営するウェブコミックサイト『コミックエッセイ劇場』『三姉妹と適当夫を観察しています』を短期連載していただいております。現在7話まで公開中です。

〈毎週火曜更新・全8話〉

http://www.comic-essay.com/episode/217