逆説の接続詞

テーマ:

逆説の接続詞を多用し、遠回しに責めてくる女性に出会った話。

 

 

 

 

 

近所の公園で…

 

 

 

 

見知らぬおばさんに…

 

 

 

 

 

 

と、聞かれたので『三姉妹なんです』と笑顔で答えたら…

 

 

 

 

 

 

 

しばしの沈黙の後、哀れむようにこう言われました。

 

 

 

 

 

 

次に…

 

 

 

 

 

 

と聞かれたので『そうですけど…』と答えたら…

 

 

 

 

 

 

再び沈黙した後、慰めるように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「でも」「だけど」「けれど」

 

こんなに短い言葉を文章にちょっと足すだけで、その人が本当はどう感じているか、どう考えているかが表現されます。

 

遠回しに相手を責めたい時、攻撃したい時にはとても便利。

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、日本語ってすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(8)

リブログ一覧を見る

コメント(74)