ご近所さんの秘密

テーマ:

私がまだ中学生だった頃、同じマンションに住んでいた友達のお母さんの秘密を知ってしまった事があります。

 

 

 

当時住んでいたマンションのゴミ捨て場の横。夜9時頃。

 

 

 

 

 

化粧ばっちり。香水プンプン。ふわふわスカート。普段よりも高い声。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てしまった友達のお母さんの「女の顔」。

 

この事は誰にも言ってはいけない気がして、自分だけの胸にしまっておこうと決めたものの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会うたびに心が重くなり、なぜかものすごく疲れるんですよね。

 

 

 

あんなに仲良さそうなのに…。大人ってこわい…。

 

 

あの日あの時、ゴミを捨てになんて行かなければ…。

 

何も知らずに今まで通り無邪気な中学生でいられたのに…。

 

 

 

 

 

数年後、その夫婦は離婚し、ひっそりとどこかに引っ越していきました。

 

 

 

 

 

 

〜そして現在〜

 

 

マンションのエントランス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご近所さんの秘密はけっこう重くて扱いづらいもの。

 

できれば自分の子どもには背負わせたくない。

 

 

 

3軒隣の奥さんの怒鳴り声。

 

 

 

 

 

奥さん…。廊下側の窓、閉め忘れてますよ。

 

 

なのに、そこらじゅうにゴロゴロと転がっているので上手くかわすのが大変。

 

 

 

 

 

っていうかさ、自宅で出来ない通話をマンションの共有部分でするなんてどうかしてるよね。

 

 

 

 

 

AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント(12)