みなさま、こんにちは~音譜

人生いつでもOn the Red Carpet気分で

間もなくベルギーからフランスに引越す葉月です

 

すっかりバカンスで人があまりいません

 

 

 

昨日フランス新居のEtats des liuex (エタ デ リュー)に行きました

フランス人夫はフランスを出て早13年、ずーっと異国暮らしなので

イマイチフランスのシステムがわかっていないし忘れてるし時代は変わっているので

今回は私も同席しました。

 

このEtats des liuex (エタ デ リュー)って何?

って話なのですが、

 

家を賃貸する際の入居前状態や備品の相互確認作業

 

って感じでしょうか。

つまりは家主さん(不動産会社が代行することあり)と借主とので

賃貸物件の部屋を一つずつ回って

 

壁の状態は~、あっここに穴がある、汚れがあるね

電源はいくつあって~備品はこれ

 

って細かーくひとつひとつ写真を撮りながら相互で認識作業をすること

 

3時間弱

 

そんな大豪邸でもないですウシシ

ベルギーでもあるし、フランスもあるしヨーロッパでは主流のようですね

退去時にもちろんまたこの作業をして壊れていたり汚れてたりすると

 

請求されます

 

私はもう2つ目の部屋で疲れてきた。。。長い。

日本なら経年劣化で済まされる壁の汚れも許されないようです

 

途中から

 

超細かいお姑さんのように荒さがししてやったゲラゲラ

 

あっ、ここも壁汚れてる

あっ、擦り傷が

取手がゆるい

 

とか、眼鏡かけて(左矢印本気モードてへぺろ)細かい日本人のDNAをここで発揮しました合格

 

というわけでこのEtats des liuex (エタ デ リュー)が終わるとようやく鍵をもらえます

 

疲れた~チョキ久しぶりのフランス、思いっきり楽しもうと思いますハート