「拝啓 彼方からあなたへ」谷瑞恵

 

図書館で借りて、今朝読み終えました。

で、この本は、絶対 手元に置きたいと思いました。

買い物に行った時に、古本屋2軒巡り見つからず・・・。

行ったからには、別の本 また購入。

積読本がさらに増えてしまいました。

何よりも図書館で借りた本を優先して読んで返却。

待っている人がいるのだから、1日でも早く返却してあげたいもの。

 

夕飯の買い物をするスーパーマーケットの3階にある書籍コーナーで発見したので即購入。

少し遠い「古本市場」まで自転車を走らせるのは、やめた。

品数豊富で、行くと結構買ってしまうので、ついつい無駄使いしてしまうのです。

 

集英社オレンジ文庫累計500万部突破フェアのオリジナルしおりがはさまっていました。

※帯に書いてある「スペシャルコンテンツ」はもう2019年3月31日で終了

 

書籍コーナーには、店員はいなくて 3階の総合レジに持っていくのです。

この本が棚にあっただけでもありがたい。

それなのに、おまけに こんなかわいいしおりまでもらえました。

ラッキー♪

古本屋で見つけたとしても、絶対 これは抜かれているだろうな。

実物大↓

 

 

 

 

谷瑞恵さんの初単行本の文庫版(2018.12) 手紙に関する雑貨のお店「おたより庵」店主の詩穂は、中学生時代に親友響子から「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と託されていました。手紙にまつわるミステリーです。元カレに、はっきり言葉で言えない詩穂の性格。痛いほどわかる。遠回しに伝えても、相手には通じていない。ストーカーに変わる。私にもちょっとだけ似た経験があり物語に入り込みました。元カレと、いたずら手紙犯と、常連客の強面大男。詩穂がどうやって危険を逃れるのか…ドキドキハラハラ。

続編でるかな・・・。

 

猫の可愛い写真見せて!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

お手数ですが、下のネットブログバナーをクリックしてもらえると、うれしいです。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村