無事に!

テーマ:

ご無沙汰してます。気がついたら、もう3月。
最後に更新したのは、11月末!
もうあれから、3ヶ月もあっとう言う間に過ぎてしまったのですね。
毎週おんなじ行動しかしてない一週間なんだけど、
これがまた”え??”って言うぐらい、簡単に過ぎて行きます。

そして、毎回言ってますが、書きたい事はたくさんあるのに、
どれから書けばよいのやら。。と、言っても、
これと言って大きな変化はないんです。

それなのに、私の周りの友人、知人達は、
新しい出会い、進展、結婚、出産、就職、永住権申請、取得!など、
どんどん日々、新しいことが起こり、
ステップアップ、成長、順調に進んでいるようで、
こんな風に自分だけが停滞して、
しかも無駄に年だけとっていく自分が情けなくなってしまいます。
このまま、何も変わらないまま時間がだけが過ぎてしまうんじゃないかと、
怖くなります。

ま、そんなネガティブな話は、これぐらいにして、
またいつも通り、上を向いて頑張っていきますよ。



最後に日記を書いたとき、怒濤の4週間と書きましたが、
無事に乗り越えましたしました。

専門学校、無事に卒業しました。
サーティフィケイト4、手に入れました! 
ちなみに、クラスで一番乗りで、全課題提出&完了、全試験パス、
達成しました!

ローカル学生と同じ土俵にたって勉強して、
ついでに彼らよりもたった数日だけど早く完了できたことに大満足です。

学校始まった頃は、
オージーと一緒に勉強するなんてついていけるんだろうか??、
とビビっていましたが、
素敵な先生達に恵まれて、無事に終える事ができました。

これは、学校が始まってからの、目標だったので、達成できて大満足。
学校に通いだした時、決めた目標が三つ。

卒業するのはもちろんのこと。

1 仕事は今まで通り続け、
   学校のために週20時間の労働時間は減らさない。
2 ローカル学生より、いい成績をとる。
3 リファレンスになってくれる講師をみつける。


とりあえず、全部達成できました。
リファレンスは、講師なら誰でもいいってわけではなく、
私の人間性やスキルをちゃんと理解してくれてる先生に
なってほしかったので、
日々の生活態度や課題の締め切り、授業への積極的な態度など、
常に気合い入れてやってました。

その甲斐あって、学期終了時に、4人の講師にお願いしたのですが、
皆、喜んで私のリファレンスになってくれました。
オーストラリアでの就職には、絶対リファレンスは必要ですからね。

卒業間際の4週間は、大きな課題に追われ、
しかも試験まであって、ほんと時間がなくって、
混乱してましたが、どうにかこなしました。

仕事先のレストランでは、”試験前休み必要だったら、言ってね”、
とマネージャーが言ってくれたけど、
それは絶対したくなかったので、店では”いや大丈夫ですよ”なんて、
涼しい顔して言ってたけど、結構ハードでした。

学校から店まで本気で走る事何度も、
バスも走って追いかけたりなんて、しょっちゅうやってました。
いい年したアジュンマが、本気で走ってる姿は、
さぞ滑稽だっただろうと思います。

そうやってバタバタしながら、
課題も全部、期限まで提出済み。再提出も無く。

そして試験。
前学期は、追試を受けた科目もあったんですが、今回は、追試無し! 
建築構造の科目は、クラスの7割が追試送りの中、
私はパスしてたので、自分でもびっくり。 
課題も試験も全クリアして、
ステージ2をクラスの中で一番乗りで終了することができました。
これは、学校が始まってからの、目標だったので、達成できて大満足。


授業のあと、学校に居残って課題を片付けてたので、
いつも丁度気分が乗って来て、がんがん裁けてる時に、
出勤時間が迫ってくるので、困ったもんでした。

インターナショナル学生の友達は、結構この両立ができずに、
課題提出が間に合わなかったり、朝遅刻したりで、
しまいには、卒業できなかった友達も結構います。

彼らは、まだ若くて、
両親の援助によってオーストラリアに来て勉強してるのに、
なぜ無駄にアルバイトに精を出して、学校の単位を落として、
留年のするのか意味がわかりません。

何度か20歳の男の子達を説教したこともあります。
授業があってるのに、早退して仕事に行くし、
今日中に終えないといけない図面があるのに、
中断して仕事に行って、翌日提出できなかったりと。

オーストラリアは時給がいいので、目先の現金収入が嬉しくなってしまうのかな。


運転免許、RSA(アルコールをサーブする資格)に続き、
三つ目のオーストラリアの資格証。
あともう一年通ってディプロマ取りたいけど、お金が無いので今は我慢。
そのうちまたTAFEに戻って来て、取ります!

そうそう、ずっと恐れてたこと。
先生達から、
”君は、建築勉強する前に、英語勉強した方がいいんじゃない??”
って、言われる事。

ですが、誰からもそう言われる事無く、
無事、卒業できました☆
AD