自分のことを大切に思う ~晴天の星~ | Wind of imagination ~創造の風~

Wind of imagination ~創造の風~

大阪で調香師をしています
香りや植物を通して思うままに綴ります


テーマ:
自分の香りをもつことについて先日書いてみましたが 
 右矢印自分の内に咲く花を知る ~自分だけの香りを持つこと~
他の人の輝きはわかるのに、自分の輝きが見えない時ってありませんか?
(私がそれに当てはまりますガーン 偉そうなこと書いているくせにごめんなさいです。)



『自分で自分のことを大切に思う、大切に扱う』


時々出てくるんですよね。このテーマ。
(ついつい他人に優しく、自分に厳しく・・・になっちゃうショック!
同じように思っておられる方、多いかなと思います。


今日は香りを通してこのテーマを、自身のことを振り返ってみました。
(もう香りを作っちゃったので、香りも身につけたのもあって穏やかな気持ちになったよ~ニコニコ )






振り返ってみて気づいたのは、そういう状態って
自分も輝きを持っているのにその輝きが見えなくなっているということ
なのかなと思ったんですね。

 雷自分で勝手に雲を作ったり・・・叫び

   (雲を作ることで、意図的に自分に厳しくして、輝きを見えないようにしている)
 ひらめき電球他の人の輝きの明かりを取り入れてしまって、自分の輝きが埋もれてしまう・・・叫び

   (『隣の芝生が青く見える』のように、生き生きしている人と無意識に比べてしまう。周りの人が眩しくての光が自分の世界を照らして、自身の輝きが見えなくなる)

つまり、その雲を作ってるのも、比べることも全て自分がしていることなんですよね。


真昼間も、雲が覆っている時も星は出て輝いているんです星


だから今は見えないと思っていても、
その星の存在を感じること、
自分にはもともと輝きがあるんだと信じることが
自分を信じるということなのかもと思いました。





ちっぽけな私、ブラックな私、出来ない私、進めない私
そういうところを取り除こう、抑え込もうとせずに
有ってもいいんだと思えること。

全ての自分に自分がOKを出す。
自分で自分を大切にしたいなと思いました。

そして、それが生きているということなのかなとも思えました。



作った香りは、珍しくフランジパニがやや多めに入っています。
他にもイランイランを始め花の香料が多く入っていますが、深みのあるグリーンも入れています。ですので、わかりやすいフローラルな香りではありませんが、とても優しい香りになりました。
(男性がつけても違和感ない感じですよ。)


香りの名前は『晴天の星』
昼間でも星は輝いているよキラキラ、という意味を込めましたいて座


もしご希望の方がいらっしゃいましたらお分けします音譜(5ml 6,000円) ※価格を変更しました。(2015/10/20)
 こちら にご連絡下さいねべーっだ!
↑この一文、結構私にとっては勇気のいる文だったのですが早速ご注文を頂きました。ありがとうございます。





クローバー ご依頼はお気軽にちら からご連絡ください。
  
  
(詳細は 調香の依頼方法・料金 をご覧ください。)


はるあわせさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス