極楽蜻蛉のつぶやき

極楽蜻蛉になり損ねた次男坊が、身の回りで起きる様々なくだらないことや、またそうでないことについて、言いたい放題勝手気ままに書き綴っていく、御意見無用の自己満足ブログ


テーマ:

                                   猪苗代湖から磐梯山

今年の立秋(二十四節気の一つ)は8月7日、そして今日は9月21日、立秋からは随分時間が過ぎたけど、なんとなく秋が近い感じがする今日この頃。

     秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

                            藤原敏行  『古今和歌集・秋歌上』

この時期になると必ず思い出す歌がこの藤原敏行さんの歌。直訳すると、

「秋が来たと目にははっきりとはわからないけれど、風の音で(秋が来たんだ)と気づいた」

てな具合になりますかね。

別に古典の授業じゃないんで、細々とした単語やら文法やらの説明は控えますが、藤原敏行さんは一日のうちのいつ頃『風の音』を感じたか?なんて考えると、この歌の趣も随分と変わってくるのかなぁと思うな。

これはちょうど午前中の西の空の写真なんだけど、この時間あたりの歌なのか?

これは夕方あたりの西の空の写真なんだけど、この時間あたりの歌なのか?

家や車、道路は見ないようにしていただいて、空だけを見るて藤原敏行さんの歌を思い出して見ると、感じるもの見えるものがだいぶ変わってくるんじゃないかな。

話は変わっちゃうんだけど、教師時代に福島県猪苗代湖畔にある『翁島荘』という国民宿舎に3拍4日で林間学校に行ったことがある。

1年生から3年生まで参加は自由、厳しい規則は無く、時間とマナーさえ(起床・ご飯・集合etc)守れば他は自由という、生徒はもちろん俺にとってもベストの行事だった。時期は夏休み前半。

その時に行った安達太良山登山、良かったねぇぇぇ。やっぱりそこには本物の『空』があった。

途中では赤とんぼが群れをなして飛び回ってた。確かに太陽はカンカン照りなんだけど、さすがの俺でも汗はほとんどかかなかった。どなたかは、立ち小便をしながら片手で赤とんぼを捕まえたくらいだから(笑)木陰は望めなかったけど、吹いてくる風はまさに秋だった。

本当に上の写真のような服装で登らないと、若くないと自覚している人にとっては寒いくらいの気候だった。

夏休みも始まったばかりの時期の林間学校だったけど、まさに『風の音にぞ おどろかれぬる』だった。

https://www.dropbox.com/s/1nhkkativg94l0p/%E7%A7%8B%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AB.mp4?dl=0

みなさん、本田路津子さん、知ってるかな?



via ありがちな日記
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

第1回ラグビー・ワールド・カップ優勝国ニュージーランド、カークキャプテンから第8回ラグビー・ワールド・カップの優勝国ニュージーランド、マコウキャプテンが手にした『ウェッブ・エリス・カップ』、たとえレプリカだとしても、目の当たりにすると感動するものがある。

ラグビー関係のDVDは3000近くある。もちろん、RWCのも全てある。たまぁ~に見返すことがあるけど、その時のウェッブ・エリス・カップが目の前にあると不思議な感じもする。

夜空に浮かぶあの月を俺が見ているように、きっと源頼朝もあの月を見たんだろうなぁぁ~って、そんな感じ(笑)



via ありがちな日記
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の夜から朝にかけての暴風雨が嘘のように晴れ渡った今日、予定通り第31回綾瀬市立〇〇〇中学校の体育祭が盛大のうちに行われていた(大笑)

昨日の気温が20℃、今日の気温が午前中すでに30℃超え、イラつきながらも行ってきましたよ。

次男坊の小学校が近所にあるんだけど、体育祭(運動会)の日の朝なんかスゴイのぉ!

禁じられている『場所取り』で早朝から押すな押すなの大混乱(大笑)本性丸出しよ。

俺が中学校に着いたのは開会式が終わった直後、最初の出し物、じゃなくて競技が始まった頃。

さぞワイワイガヤガヤの騒ぎになっているんだろぅなと思って行ったら、ガラガラ。それにこの暑さで校舎の陰や木陰にたむろっている保護者たち。「その位置からじゃ競技が見えないだろう?」という位置にまでいる。

それでも、さすがに自分の子どもの競技が始まるとどこからともなくわき出てくる保護者たち。で、競技が終わるとどこに隠れたのかと思うくらい引き方の早いこと早いこと(笑)

小学校の話に戻るけど、小学校はとにかく凄かった。まさに縄張り争いで、ビニールシートを素早く何枚も敷いて誰も寄せ付けない。そしてその後何をするかというと、アウトドアのキャンプセット一式を出して酒盛りだよ。オイオイオイ、ここは学校の敷地内なんだから考えろよ!と思うのだが、教員たちは注意もしない。運動会になんで焼き鳥をもちこんでんだよっ!てなことも(笑)

俺は今日の体育祭を見に行ってその頃のほのぼのとした風景を思い出した。

この中学校はいつもこうなのか?とある教員に尋ねると「いつも大体こんな感じですね」でやんの。ちなみに、長男の3回の体育祭、次男坊の去年の体育祭も見てなくて、今年初めて『保護者の立場』で中学校の体育祭を見たんだけど「驚き桃の木山椒の木」だった。

生徒席を見るとご覧の通り。少子化ということもあるんだろうけど、これはあまりに寂しい感じ。

そして各チームの色分けだけど、この中学校は面白い。赤・黄・青なのである。各色の生徒3人が横に並んで側を走る産業道路の真ん中を歩いても大丈夫って感じ。信号じゃないんだからせめて、赤・白・黄にしろっと思った。

「鈴木さぁぁぁん、それじゃチューリップになっちゃうよ!」

やかましい!体育祭(運動会)の色は赤・白って決まってんだよ!だいたい俺たちの時代なんて、何百人いてもムリして赤・白の二色に分けてたよ。

他界した兄とは三つ違い。俺が小学校1年生から3年生の時まで同じ小学校で、運動会の時に一度も同じ色になったことが無くて、「お前がいたから俺たち負けたんだ!」とか因縁つけられて大喧嘩になったりしたもんだ(笑)それくらい盛り上がってたよなぁぁ。お母ちゃんと親父なんか、来賓でもないのに来賓席に座って、それも一番前列に座ってすました顔してたもんな(大笑)とんだ保護者もいたもんだぜ。

ゴールでももめ事が起きたりして、微妙な判定になったりすると当事者同士が喧嘩を始めて(教員が止めに入っても止まるようなヤツじゃなかった)、勝ったヤツがだいたい1位だったし、自分の席のすぐ前のコースを走ってくるヤツに足を出して転ばせたりしてさ、終始楽しめる体育祭(運動会)だった。

最後に一言、体育祭(運動会)を指導する側であっても、見る側であってもいつも想像することがある。指定暴力団対抗運動会とか相撲部屋対抗運動会とかあったら金払っても見に行きたいと思うな。

どういう運動会になるかは皆さん個人個人で想像して楽しんでください。


via ありがちな日記
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。